116人の演奏に緊張! フルートを吹く橋本環奈

写真拡大

 Sexy Zone の佐藤勝利と橋本環奈が23日、私立岩倉高校で行われた映画『ハルチカ』公開直前イベントに出席し、岩倉高校、柏高校吹奏楽部のメンバー116人とともに、佐藤はホルン、橋本はフルートの生演奏を披露した。無事演奏を終えた佐藤は「泣きそう」と感動の面持ちで語った。

 本日出席したのは「ヤマハコラボ企画 来たれ、吹奏楽部!春の吹部勧誘バトルカップ」で、佐藤や橋本と共に映画テーマ曲を演奏できる「ハルチカ賞」を受賞した岩倉高校と、映画本編中の撮影協力を行った千葉県柏市立柏高校の吹奏楽部。撮影では20人程度のセッションだったようで、佐藤は「映画の撮影より緊張します」と大人数との演奏に表情がこわばっていたが「みんなでいいものを作ろうという気持ちが大事なので、頑張ります」と語った。

 高校生たちの素晴らしい演奏が始まると、佐藤と橋本はソリ(ホルンパートやフルートパートのみが演奏するパート)のタイミングにあわせて登場。やや緊張した面持ちながらも、劇中さながらの演奏を披露した。佐藤は「みなさんの演奏が素晴らしすぎて出るのが怖かったのですが、音に後押しされてできました。吹奏楽っていいなって思いました。泣きそうです」と感情を爆発させると、橋本も「フルートの音色が美しすぎてドアの前で震えていたのですが、無事演奏ができてホッとしました」と笑顔を見せていた。

 約1年ぶりの演奏となった2人は、撮影を思い出したようで、橋本は「コンクールのシーンは2日間かけて撮影をしたのですが、ほとんどの人がそのシーンでオールアップだったので、勝利くんが撮影とは別に『みんなで演奏してもいいですか?』って言ったのを覚えています。みんな感動して泣きながら演奏していました。まさに吹キュンでした」と撮影秘話を披露。司会者から「佐藤さん男前ですね」とふられると、佐藤も「いい思い出だね」と照れくさそうに笑っていた。

 本作は、シリーズ累計発行56万部を突破した初野晴の青春小説を実写映画化。小学校3年生のときに離れ離れになった幼なじみのハルタ(佐藤)とチカ(橋本)が、高校の入学式で再会したことによって、友達よりもトクベツな関係に発展していく姿を描いた物語。(磯部正和)

映画『ハルチカ』は3月4日より全国公開