Doctors Me(ドクターズミー)- 脳の“酸化ストレス”を抑制することで糖尿病と肥満予防が可能に

写真拡大 (全8枚)

2017年2月22日(水)東北大学で行われた研究において、脳の酸化ストレスのよる糖尿病や肥満を発症するメカニズムが解明されました。(参考)

近年では20代から発症する若年性の糖尿病も問題視されておりますが、今回の研究結果によってどのような期待が出来るのでしょうか。

今回は東北大学で行われた酸化ストレス研究の内容と結果、酸化ストレスによる悪影響、酸化ストレスの発散方法を医師に解説していただきました。

目次


東北大学が行った酸化ストレスと糖尿病の研究


以前から糖尿病では視床下部での酸化ストレスが増加することは知られておりましたが、その影響などについてはアプローチが難しく、解明されておりませんでした。

そこで東北大学では、酸化ストレスを抑えるために重要なセレンを含有するセレノプロテイン群に着目し、セレノプロテイン群合成に必須の遺伝子の発現をCreリコンビナーゼにより特異的に低下させることのできるマウスを利用した研究を行い、視床下部特異的な遺伝子欠失による影響を解析しました。

《参照》
・ 東北大学

研究で判明した酸化ストレスと糖尿病の関係


視床下部に酸化ストレスが加わると、視床下部にある代謝調節に重要なプロオピオメラノコルチン陽性神経細胞が減少します。

プロオピオメラノコルチン陽性神経細胞の減少によってインスリン(血糖降下ホルモン)やレプチン(肥満抑制)の作用が減弱し、糖尿病や肥満の発症に繋がってしまうことが明らかになりました。

また、酸化ストレスを抑制するNrf2というタンパク質を視床下部領域で活性化させると、酸化ストレスが減少し、糖尿病や肥満の抑制につながることもわかりました。

酸化ストレスとは


生体内で酸化反応が起こるときに発生する活性酸素は生体内で必要な物質で、細胞内でエネルギーを取り出すときや、体内の異物処理などの際に生成されますが、DNAやタンパク質など細胞を損傷させる力ももっています。

一方、生体内では活性酸素を解毒する抗酸化作用も持っています。この損傷力と抗酸化力との差が、酸化ストレスと呼ばれるものです。

この抗酸化力で処理しきれなかった余分な活性酸素は、細胞への損傷を通じ、老化を早めると共に動脈硬化、がん等、様々な病気と関わっていると考えられています。

酸化ストレスが与える悪影響


脳梗塞


脳の血管に出来た血栓によってその先の脳細胞に充分な酸素や栄養がいきわたらなくなり、脳組織が壊死してしまう病気です。

高血圧、糖尿病、脂質異常症が脳梗塞を引き起こす要因となり、重い後遺症や、命の危険性もあります。

脳出血


脳の血管が破損し、脳の中で出血が起きることを脳出血と呼び、頭痛やめまい、最悪の場合命に危険が及ぶこともあります。

脳出血も肥満や高血圧などの生活習慣病から起因する場合があるので、注意が必要です。

アルツハイマー病


脳が萎縮し記憶、思考などに問題をきたす進行性の病気で、まだ、根本的な治療法は見つかっていません。

血液中のインスリンが過度に増えることが要因の1つとも言われますので、肥満や運動不足、糖尿病前段階体内の人はリスクが高いと考えられます。

酸化ストレスを溜めない方法


酸化ストレスを溜めてしまう要因


・タバコ
・過度な飲酒
・ストレス
・紫外線
・食品添加物の摂取など

生活習慣の見直しが重要


タバコや過度な飲酒を控えたり、外出時には日焼け止めやサングラスを利用するなど、生活の見直しでとれる対策は沢山あります。

また、抗酸化作用が高い栄養素としてはビタミンC、Eなどがあり、こういった栄養素をしっかりと補うことも大切です。

東北大学が行った研究で今後期待できること


視床下部での酸化ストレスを抑制するような新薬の開発や、新たな治療方法などの発見につながることが期待できます。

最後に医師から一言


健康を保ち、若々しくいるためにも酸化ストレスは溜めないことに越したことはありません。

生活習慣や、食生活などのでも酸化ストレスの軽減につなげることはできますので工夫して取り入れていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)