シン・ハギュン&EXO ディオ共演の映画「7号室」がクランクアップ…新鮮なキャスティングに“高まる期待”

写真拡大

シン・ハギュンとEXOのディオの共演で注目を集めた映画「7号室」(監督:イ・ヨンスン) が23日、クランクアップした。

「7号室」は、ソウルにある潰れる危機に陥ったDVD屋の7号室にそれぞれの秘密を隠しておいたDVD屋の社長とアルバイトが、段々複雑に絡み合っていく状況から抜け出すために奮闘するストーリーを描く。

「7号室」は、寒さの厳しかった50日間の撮影を終え、クランクアップのニュースを伝えた。一日も早くDVD屋を処分するために奮闘するDVD屋の社長ドゥシク役のシン・ハギュンと、学費ローンの返済のため、DVD屋でバイトしている休学生テジョン役のディオ、そしてDVD屋に新しく入ってきた朝鮮族出身の真面目なバイト ハヌク役のキム・ドンヨンまで、新鮮な組み合わせが注目された。

ここにキム・ジョンス、キム・ジョング、パク・スヨン、チョン・ソクホ、ファン・ジョンミン、チョン・ヒテ、キム・ドユンなど、安定した演技力を持った助演俳優まで様々な人物が合流し、面白さも倍増すると思われる。

撮影中、寒波にも負けず、阿吽の呼吸と熱い情熱を見せてくれた俳優たちは「7号室」に満足と愛情を見せ、新しくて面白い映画の誕生への期待を高めた。

シン・ハギュンは「映画『7号室』は、これまで見たことのないとても新鮮な映画だ。スタッフや俳優が皆仲良くなったし、楽しく撮影した。また機会があれば別の作品で会いたい」とし、2017年冒頭から一緒に過ごした「7号室」のスタッフと、同僚俳優に愛情を表わした。

ディオは「時間がとてもはやく過ぎてしまったような気がして残念だ。皆一緒に楽しく撮影を終えたので、たくさん期待してほしい」と呼びかけ、「7号室」への期待を高めた。続けて朝鮮族出身のバイト ハヌク役に扮し、個性あふれる演技を見せたキム・ドンヨンは「本当にたくさんのスタッフの方々、俳優の方々、皆とても苦労した。撮影期間中には、本当に感謝した」と感謝の気持ちを伝えた。

個性的なキャラクターと興味深いストーリー、シン・ハギュンとディオの新鮮な組み合わせ、さらに優れた演技力を持った助演俳優たちの完璧な呼吸で、無事に撮影を終えた「7号室」は、自身初監督の映画「10分」でベルリン国際映画祭など、16の国際映画祭で好評を得たイ・ヨンスン監督の二番目の映画であり、作品ごとに韓国映画の先駆者となった映画会社ミョンフィルムの37作目の映画であることで、さらに信頼度を増した。映画は後半の作業を経て、年内に韓国で公開される予定だ。