足は三本あるから、椅子三脚って名前になるのかしらん。

ブッとめの一脚にシートと2本の足がついた参考出品モデルをベルボンのブースで発見しました。腰を下ろしたとき、ファインダーをのぞきやすい位置に雲台がくるんですよ。風景や鉄道など、じっくりとシュートチャンスを狙いたいシチュエーションで使えそう。動きが読めない野鳥だとどうかしらん。

なお杖、一脚、椅子、三脚として使えます...ということは4in1か。

雲台のサイズを見るに、ミラーレスが対象でしょうか。小さい折りたたみ椅子よりも座面が高いから座りやすく立ち上がりやすい。腰にも膝にも負担少ない。そしてカバンに入るサイズに折りたためます。いいことだらけじゃないですか!


【CP+の関連記事】
「PENTAX KP」、持ってみてもいい感じ。速いし #CPplus
・「THETA S」と一眼カメラのタッグ。お互いの得意分野をMIX #CPplus
・男の120回払いも辞さない! 富士フイルム中判ミラーレス一眼「GFX 50S」実写レビュー #CPplus
・パナソニック「DC-GH5」はもしかして超AF力の持ち主か #CPplus
・富士フイルムXシリーズ「X100F」「X-T20」をチェキラ! #CPplus
・GOレンズ沼! ふんわーりしたボケ味の中望遠レンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」をソニーブースで触った #CPplus
・夜の街を走る鉄道の撮影体験ができるソニーブース #CPplus


source: CP+、ベルボン

(武者良太)