【詳細】「WEB限定特別映像:Who is MANJI(万次とは何者だ)」はこちら

主演:木村拓哉×監督:三池崇史という、日本映画界が世界に誇る“最強タッグ”で挑む、“ぶった斬り”アクションエンターテインメント映画「無限の住人』」が、4月29日に公開される。

主題歌は、MIYAVIによる「Live to Die Another Day -存在証明-」に決定。本予告解禁の際には、「迫力すさまじい!」「うわぁ鳥肌たった!」「MIYAVIの奏でる曲が臨場感を増しワクワクが止まらない!」など、SNS上でコメントが数多く寄せられ話題になった。また先だって行われた完成報告会見では、原作者の沙村広明が「原作者としてこれ以上のものがないと言い切れる映画に仕上がっています」と絶賛。木村拓哉の新境地を予感させるビジュアルや、豪華キャストの競演など新しい情報が出るたびに、注目が集まっている。

このたび、2月23日(「ふ・じ・み」の日)を記念して、木村拓哉が演じた主人公・万次のキャラクター映像「WEB限定特別映像:Who is MANJI(万次とは何者だ)」が解禁された。また、オフィシャルサイトでは、アクション監督が絶賛する圧巻の300人斬りシーン写真の一部が公開された。

本作の主人公は、不死身の用心棒・万次。規格外の強さを誇っていたが、年月の経過とともにその腕はなまり、斬られれば痛く、致命傷を負うと死ぬこともさえもあるキャラクター。「めんどくせぇ」が口癖で、本当は正義感が強く、優しすぎる心根を、ぶっきらぼうな態度と乱暴な言葉で隠す万次。そんな愛すべきヒーロー像を木村拓哉が演じている。

かつて“人斬り”だった彼は、賞金稼ぎに愛する妹を殺され、100人の追っ手を斬った果てに死を覚悟。しかし謎の老婆・八百比丘尼(やおびくに)が現れ、不死身の体にされてしまう。このときの戦いが伝説となり、後に“100人斬り”と呼ばれるように。それから50年後、歳をとらず孤独な日々を過ごしていた万次は、突然現れた少女・浅野凜(あさのりん)に頼まれて、しかたなく用心棒を引き受けることに。それは不死身の万次をも追い込む予想外の戦いの始まりだった……。

「WEB限定特別映像:Who is MANJI」では、「絶対にくたばらない男」「百人斬り」「血仙蟲(けっせんちゅう)」「バケモノ」「用心棒」と万次にまつわるキーワードが次々と映し出され、凜の両親を殺し、流派統一を夢見る“剣客集団・逸刀流(いっとうりゅう)”の統主、福士蒼汰演じる天津影久(あのつかげひさ)、不死身の万次を死に追い込む男、市川海老蔵演じる閑馬永空(しずまえいくう)、など万次を狙う強敵たちが、意味深な言葉を投げかけ現れます。「めんどくせぇ」が口癖だった男が、なぜ用心棒を引き受けたのか? 何度斬られても、命を懸けて少女を守り抜くと決めた理由とは? 万次という男は、一体何者なのか!? いやが上にも映画への期待が高まる映像となっている。

また、オフィシャルサイトでは、万次のシーン写真を一挙公開! 本作の見どころのひとつ、胸熱の“ひとり VS 300人”のバトルのシーンの一部がお披露目されている。

本作の殺陣などのアクションを手がけた辻井啓伺は、「とても真面目に、貪欲に現場に臨まれる方。万次の“絶対に諦めない”という思いが画面から伝わってくるのは、木村さんのすごさです。そしてアクションの映り方をわかっている。劇中に多くの武器が登場しますが、この武器だったらこういうふうに見せるのがいいとか、こう構えたらどうフレームに収まるのかまで考えている。ワンカットで何十人も斬ったあと、止まってカメラを見るポーズがしっかりフレームに収まっているのなんて、やろうと思ってもできるもんじゃないです。やはり“スターだな”って思いました」と、木村拓哉に太鼓判を押している。





映画情報



「無限の住人」

2017年4月29日(土・祝)全国ロードショー

出演:木村拓哉

杉咲花 福士蒼汰

市原隼人 戸田恵梨香 北村一輝

栗山千明 満島真之介 金子賢 山本陽子

市川海老蔵 田中泯 / 山崎努

※「山崎努」の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記

原作:沙村広明(講談社「アフタヌーン」所載)

監督:三池崇史

脚本:大石哲也

音楽:遠藤浩二

主題歌:MIYAVI「Live to Die Another Day -存在証明-」(UNIVERSAL MUSIC)

製作:「無限の住人」製作委員会

制作プロダクション:OLM

制作協力:楽映舎 東映京都撮影所

配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)沙村広明/講談社 (C)2017 映画「無限の住人」製作委員会

映画「無限の住人」公式サイト

http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/