写真提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhoneだけで新幹線に乗れる?』という質問に答えます。

***

はい、Suicaを利用できるiPhone 7/7 Plusにアプリ(Suica)をインストールしていれば、チケットの購入から改札の通過まで、iPhoneだけで新幹線に乗車するための手続きを行うことができます。ただし、購入/乗車手続きできる路線は、東北・山形・秋田・北海道新幹線と上越・北陸(長野経由)新幹線に限られます。

JR東日本が配布するSuicaアプリを利用すると、登録したSuicaへのチャージや定期券・グリーン券・新幹線特急券の購入、新規Suicaの発行を行うことができます。指定席の場合は座席指定を行うことも可能です。決済手段にはクレジットカードまたはApple Payを利用できます。

Suicaアプリで受け取り手続きを行えば、自動改札にiPhoneをタッチして通過することができます。Suicaはエクスプレスカード(Touch IDなしに支払いできるカード)として登録しているでしょうから、ホームボタンに指先を置く必要はありません。

なお、Suicaアプリは東海道・山陽新幹線用の「EX-IC」サービスに対応していません。既存のモバイルSuicaはEX-ICサービスに対応するため、Android端末では利用できますが、iOSアプリは非対応です。そのため、Android端末からiPhone 7/7 Plusに機種変更した場合、EX-IC特約は解除されます。iPhone 7/7 PlusにEX-ICカードを重ねて改札機を通過する、といった使いかたにも対応しないので注意が必要です。

ところで、iPhoneの電源がオフの場合、Suicaの機能は利用できません。新幹線で移動中にバッテリーが切れると改札から出られなくなるため、そのような事態に陥った場合は改札窓口に申し出ましょう。

(海上忍)