写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Nianticは、モバイルゲーム「Pokémon GO」において、地方自治体と共同で周遊マップ作成に取り組むと発表した。

Pokémon GOを利用した周遊マップを作成することで、地方自治体における観光客の誘致、地方の魅力の訴求、地域住民同士の交流を推進していく考え。プレーヤーがPokémon GOを通して地域や歴史を深く知ることができるよう取り組む。

具体的には、福島県が須賀川市の「ふくしまDEぶらり観光MAP」を作成。地域の観光名所と「ポケストップ」「ジム」を掲載し、観光客がゲームに参加しながらその土地ならではの魅力に触れられるよう働きかける。なお、周遊マップ作成自治体では、プレイヤーのゴミ持ち帰りを促すため、モンスターボールをモチーフにしたゴミ袋が配られる。

Nianticはすべての地方自治体を対象に、周遊マップを作成するための公認素材、マップテンプレート、利用ガイドラインを無償で提供。また、Pokémon GO公認の周遊マップ作成を希望する地方自治体に向けて、専用問い合わせフォームに連絡するよう呼びかけている。