ルヴァン杯全試合で追加副審導入決定…J1・J2・J3では採用せず

写真拡大

 Jリーグは23日、2017シーズンのJリーグYBCルヴァンカップにて、全試合(グループステージ、プレーオフステージ、ノックアウトステージ)で「追加副審(Additional Assistant Referee(AAR))」を導入することが決まったと発表した。

 昨季の明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ3試合、JリーグYBCルヴァンカップの準決勝と決勝などで導入されたAAR。今季のJリーグYBCルヴァンカップでは、グループステージから決勝までの全ての試合で導入されることとなった。

 なお、今季の明治安田生命J1リーグ、J2リーグ、J3リーグでは、AARは導入されないことも併せて発表されている。