T-ARA ウンジョン初主演、タイ映画「Mind Memory」が公開…予約率1位に“感謝”

写真拡大 (全2枚)

ガールズグループT-ARAのメンバーウンジョンが主演を務めたタイ映画「Mind Memory」の試写会が開催された。

ウンジョンが主演を務めた「Mind Memory」は、タイのお金持ちでエリートの、タイ人青年パット(ジェームス・マー) が開発したソフトウェアに、韓国ソフトウェア会社の社長の娘であるエリート社員が興味を示し、お互いの交流を続けながら繰り広げるSFラブストーリーだ。

ウンジョンは韓国ソフトウェア会社の社長の娘であり、エリート社員であるミンジ役を演じた。相手役のジェームス・マー(James Ma) はタイ人青年パット役を演じる。ジェームス・マーはタイで学業を終えた後、現在俳優やモデルとして精力的に活動しているトップレベルの俳優だ。

現在、ウンジョンが出演した「Mind Memory」は、洋画を含めたタイ国内最大の映画サイトで予約率1位を記録しており、試写会現場にも数多くの人が殺到し、熱い反応を見せた。ウンジョンは「やっと公開できて本当に感謝している。歌手ではなく、演技者としてのウンジョンも楽しみにしてほしい」と感想を明かした。

ウンジョンはタイでの日程を終え、24日に韓国に帰国する予定だ。