写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東海とJR西日本は9月末(予定)、エクスプレス会員以外でも交通系ICカードで東海道・山陽新幹線を気軽に利用できる新しいチケットレスサービス「スマートEX」(スマート・イーエックス)を導入する。

このサービスは、スマートフォン等で東海道・山陽新幹線の指定席を予約・クレジット購入し、新幹線改札において交通系ICカードをかざすことで予約した本人の確認を行い乗車できるというもの。

エクスプレス会員向け「EXサービス」(JR東海とJR西日本が提供する「エクスプレス予約サービス」、及びJR東海が提供する「プラスEXサービス」)では、指定席のネット予約と会員専用ICカードによるチケットレス乗車ができる。新しいチケットレスサービスではこのEXサービスの便利さをそのままに、会員以外の利用者や外国人旅行者でも交通系ICカードを用意すれば、新幹線をチケットレスで利用することができる。

スマートフォンやパソコン等からクレジットカードと交通系ICカードを登録すれば、すぐに利用できる(クレジットカード会社への申し込みは不要で、年会費は無料)。都市圏の鉄道、バスなどでも利用可能な交通系ICカードで、東海道・山陽新幹線はもちろん、在来線との乗り換えにもスムーズに利用できる。

利用可能な交通系ICカードは「Suica」「TOICA」「ICOCA」など、全国相互利用対象の10の交通系ICカード。取扱い区間は東海道・山陽新幹線(東京〜博多間)。

なお、東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」では、新幹線料金は割引のある会員価格だが、このスマートEXは駅とほぼ同じ価格という。

○「エクスプレス予約」にスマホアプリも

またJR東海とJR西日本は2月23日、エクスプレス予約の公式スマートフォンアプリの提供も開始した。