ルヴァン杯の全試合で追加副審の導入が決定した(写真は昨季優勝の浦和)

写真拡大

 Jリーグは23日、同日に開催した理事会で、2017シーズンのルヴァン杯全試合(グループリーグ、プレーオフステージ、決勝トーナメント)で「追加副審(Additional Assistant Referee(以下、AAR))」を導入することが決定したと発表した。なお、2017シーズンのJ1、J2、J3リーグについては、AARの導入はないという。

 AARとは、得点の見極めやPA内での事象に対する判定の精度向上を図ることを目的とされたもの。昨季もルヴァン杯をはじめとした一部の試合で試験的に導入されていた。

以下、AAR導入試合

■2017ルヴァン杯全試合

▽グループリーグ:全7節

第1節:3月15日

第2節:4月12日

第3節:4月26日

第4節:5月3日

第5節:5月10日

第6節:5月24日

第7節:5月31日

▽プレーオフステージ

第1戦:6月28日

第2戦:7月26日

▽決勝トーナメント

準々決勝第1戦:8月30日

準々決勝第2戦:9月3日

準決勝第1戦:10月4日

準決勝第2戦:10月8日

決勝:調整中


●ルヴァン杯2017特設ページ