Doctors Me(ドクターズミー)- 口内炎に関する7つの疑問を解説!キスで感染するって本当?

写真拡大

おそらく老若男女問わず多くの方が「口内炎」が出来たことあるかと思われます。

いつのまにか出来ていて、そして知らないうちに治ってしまうこともある口内炎、様々な疑問が浮かびます。

今回はストレスと口内炎の関係や、チョコレートの食べ過ぎで口内炎になる?など、口内炎7つの疑問を医師に回答していただきました。

目次


Q1. 口内炎の自然治癒にはどれくらいかかる?


ー般的には2週間程度で新しい粘膜が出来上がるとされています。

しかし、大きな口内炎だったり、治りかけの口内炎を噛んでしまったりすると数カ月かかることもあります。


Q2. 病院で診てもらうべき口内炎の目安は?


痛みが強く食事や水分摂取、会話に支障が出ている
約1カ月以上治らない
発熱や皮膚のできもの、その他全身に気になる症状がある
口内炎に入れ歯や尖った歯が当たっている

上記のような場合は、受診を考えてみてください。

Q3. ストレスと口内炎の関係は?


ストレスによって免疫力が低下したり、睡眠不足になると口内炎が起こりやすく、かつ治りにくくなります。

Q4. チョコを食べ過ぎると口内炎になる?


チョコレートが特に口内炎の原因というわけではありません。

しかし、チョコレートを食べて歯磨きをせずに口の中を不衛生にしていたり、チョコレートの食べ過ぎで食事のバランスが崩れ、ビタミンが不足したりすると口内炎ができやすい、ということはあるかもしれません。

Q5. 妊娠中に口内炎になりやすいのはなぜ?


唾液が減る


妊娠中はホルモンの変化により唾液が少なくなり、免疫力が低下し、口の中の環境が変化しがち

バランスの良い食事が難しい


つわりによる味覚変化や偏食によって、バランスの良い食事を取れず栄養が偏ってしまいます。

つわりで口のケアがおろそかになる


つわり時に歯ブラシを口に入れると吐き気がする場合や、歯磨き粉や洗口剤の臭いが気になる場合も多く、歯磨きや口腔ケアがおろそかになってしまいます。

嘔吐による胃酸荒れ


つわりによる嘔吐を繰り返すと、胃酸で口腔内の粘膜や歯の表面が荒れてしまいます。

治療のために薬を使うことに抵抗がある方もおられますが、妊娠中でも使用できる薬はたくさんありますので、妊娠中であることを申告の上で処方を受けるようにしてください。

Q6. 口内炎はキスや回し飲みなど感染する?


一般的なアフタ性口内炎の場合は、キスや回し飲みで他人にうつることはありません。

しかし以下のような原因の口内炎の場合は、唾液のやりとりにより感染する可能性があります。

・単純ヘルペス
・麻疹
・ヘルパンギーナ
・手足口病
・カンジダ菌

Q7. 口内炎とヘルペスの見分け方は?


ヘルペスウイルスによって唇や口の中の粘膜にできるできものも、大きく言うと口内炎の一種です。

ヘルペスウイルスによる口唇炎、口内炎は、のどの奥にできる場合は少なく、唇や唇の裏の粘膜など、口の表に近い部分にできることが多くなっています。

またヘルペスウイルスによる口内炎はまず水膨れを作り、それが破れて痛みが生じることが多く、サイズはアフタ性口内炎よりやや小さめです。

最後に医師から一言


口内炎を診察する科は口腔外科、歯科、耳鼻咽喉科、内科などがあります。どちらの診療科でもよいので、まずは受診しやすい科でご相談ください。

特殊な治療が必要な場合はその科から紹介を受けることができます。

(監修:Doctors Me 医師)