冬は寒いに決まっている(画像はイメージ)

写真拡大

とても寒い中、薄着で震えている女子学生を見かけたというツイートが2017年2月12日、イラストと共に投稿された。

もしかして、校則のせいでコートを着られないのか――。ツイッターには、「中学でコートが着用禁止だった」「正式な行事の時にタイツもカーディガンも着てはいけない」「マフラーも手袋もダメ」と、防寒着が校則で禁止されていた例が次々と挙がった。J-CASTヘルスケアでは、取材を通して各地の校則の事例を調べた。

「防寒着を着ないとダメ」と先生に怒られた

防寒着の着用を禁止している校則は多いのだろうか。関東や東海、中部地方で育った20代の男性4人や、東京都内の中学に通う子を持つ女性に話を聞いてみた。いずれも防寒着の色や着用の規定、学校指定のものに限る、といった内容で、禁止という話は出てこなかった。

雪国・新潟県出身の30代女性は、「高校では女子の制服に長ズボンがありましたよ」と話す。

「吹雪でも学校は休みにならないので、防寒着が禁止されたらどうしようもありません。小学生のころはスキーウエアを着て登校したこともあります」

一方で、秋田県出身の夫は「寒くないから」とコートを着ていなかったという。ツイッター上でも、東北地方や北海道暮らしと思われるユーザーから「冬にコート着たことなんかない」「マフラーと手袋さえあれば十分」といった声が出ていた。ただしそれでも、学校が防寒着着用を禁じていたわけではない。

北海道出身の50代女性は、女子の長ズボンがあったが、「ダサいのが嫌で断固としてスカートを履いていた」と話す。さらに、こう明かした。

「関東から転校してきたので最初は薄着だったのですが、きちんと防寒着を着ないとダメだと学校で先生に怒られました」

北国では、防寒意識がかなり徹底されているようだ。

南国でも体感で寒いとなったら

では南の地域は、冬でも比較的暖かいので防寒着は不要といった考え方にはならないか。

沖縄市内の中学校にJ-CASTヘルスケアが電話取材をすると、対応した教員は「当校も含めて私の知る限り、コートやマフラーの着用を禁止しているという学校があるとは聞かないですね」と答えた。

「確かに冬でも10度を下回ることは珍しいですが、体感では寒く感じることも少なくありません。冬用の制服も当然あります。生徒が寒いと感じているなら、防寒着も我慢しろとは言いませんよ」

独立行政法人労働安全衛生総合研究所がウェブサイト上で公開している「寒冷環境下での健康リスクと予防方策」では、極寒でなくても体温が低下し血管の収縮や寒冷ふるえなどが起きると血圧上昇や脱水、血液循環の異常を引き起こす可能性もあると警告している。予防法として、「当たり前のこと」と断りつつ、防寒着を着用するよう呼びかけている。