22日、韓国・マネートゥデイによると、韓国から日本に向かう航空機の搭乗率が満席に近い90%に達していることが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は金浦空港。

写真拡大

2017年2月22日、韓国・マネートゥデイによると、韓国から日本に向かう航空機の搭乗率が満席に近い90%に達していることが分かった。格安航空会社(LCC)による積極的な路線拡充と円安、高齢化などが重なった効果とみられている。

航空業界によると、今月(17日時点)の韓国−日本路線の韓国大手2社の搭乗率は、大韓航空87%、アシアナ航空90.2%に達した。11年の東日本大震災の影響で急減した日本への旅行者は13年には震災前の水準に回復し、15年に初めて400万人を突破、昨年は509万人を記録した。実に韓国国民の10人に1人が日本に出掛けたことになる。

日本への旅行者の増加は、韓国のLCCが日本路線を積極的に増便したことが要因の一つとみられており、15年に週600便台だった日本路線が16年冬季シーズンには週950便以上に急増した。

LCCが航空運賃を大幅に下げ新規旅行者の創出に貢献する中、最近の円安も日本への旅行需要を喚起する大きな要因となっている。昨年中旬に100円1150ウォン台だった為替レートは、今月15日には100円1000ウォン台を割り込み円安ウォン高に振れている。

さらに韓国で進む高齢化も無視できない要素だ。海外旅行先として近隣国を好む高齢者人口の増加が日本旅行者を増やしているのだ。実際、11年に310万人だった50代以上の出国者数は、昨年には575万人となり85%も急増した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本の悪口を言いながら、日本に旅行してお金を落としている」「親日清算と叫びながら日本に行きたがる韓国人って何なんだろう?」「韓国人の真意が分からなくなった」「韓国人の国民性を考えてみるべき時だな」など、自国民の矛盾した行動に疑問を呈する意見が多く寄せられた。(翻訳・編集/三田)