フルート演奏に挑戦した橋本環奈

写真拡大

 初野晴氏の人気青春小説を映画化する「ハルチカ」の公開直前イベントが2月23日、東京・私立岩倉高校で開催され、ダブル主演を務める「Sexy Zone」の佐藤勝利と橋本環奈が出席。この日は、吹奏楽部の学生たちと合奏をすることになった2人。「大勢の人の前で演奏するのは約1年ぶり」と緊張した様子の橋本だったが、佐藤や学生たちとともに美しいメロディを奏でてみせた。

 「箱入り息子の恋」の市井昌秀監督がメガホンをとった本作は、初野氏の「ハルチカ」シリーズに登場するキャラクターや人物関係をベースに構築されたオリジナルストーリー。心優しいホルン奏者の男子高校生・ハルタ(佐藤)と、前向きで天真らんまんなフルート初心者チカ(橋本)。小学3年生の時にハルタが引っ越すまで幼なじみだったふたりが、高校の入学式で再会。憧れていた吹奏楽部が廃部寸前の危機であることを知ったチカは、ハルタを引っ張り部員集めに奔走する。

 映画公開を記念して演奏動画を募集したキャンペーンの受賞校である岩倉高校の吹奏楽部、劇中で演奏協力をしている柏市立柏高校の吹奏楽部の総勢116名と共に、佐藤と橋本は映画のテーマ曲「吹奏楽のための狂詩曲第1番『春の光、夏の風』」の演奏に挑戦。今作への出演をきっかけにフルートに挑戦することになった橋本は、演奏前「皆さんに思いが届くように美しいハーモニーを奏でます」と意気込んだ。

 合奏は、佐藤と橋本、そして吹奏楽部の学生たちが生み出したメロディが見事に調和して、無事に終了。担当したホルンを手に安堵の表情を浮かべた佐藤は開口一番「泣きそうです」と発言し、学生たちとのコラボを経て「吹奏楽って改めていいなと感じましたね」とニッコリ。一方、橋本は学生たちを「演奏上手すぎ!」と絶賛して「一緒に演奏できてよかった。感無量です」と満面の笑みを浮かべていた。

 撮影中の思い出について話題が及ぶと、橋本は佐藤の現場でとった粋な行動を告白。「キャストの大半がオールアップを迎える日、勝利君が監督やスタッフさんのために『(撮影とは関係なく)皆で演奏していいですか?』って提案してくれたんです。監督、泣いていましたね。今でもその光景を映した動画を見て泣いているらしいです」と明かされると、佐藤は「皆に良い人って思われたいから」と照れくさそうに切り返していた。

 「ハルチカ」は、3月4日から全国順次公開。