ユ・スンジュン、韓国入国挫折…上告について検討

写真拡大

歌手ユ・スンジュンの韓国入国が挫折された。

23日午前10時、ソウル高等裁判所ではユ・スンジュンがLA総領事館を対象に申し立てたVISA発行拒否取消し訴訟の控訴審判決公判が行われた。

裁判部はこの日、ユ・スンジュン側のVISA発行拒否取消処分案を棄却した。昨年9月の1審でも敗訴したユ・スンジュン側の法律代理人は「残念な結果」とし、「ユ・スンジュンと相談し、上告について考える」と明かした。

ユ・スンジュンは2002年、韓国国籍を諦め、アメリカの市民権を取得し、兵役が免除されたため、韓国法務部から入国禁止措置が下された。ユ・スンジュン側は15年も持続した永久的入国禁止は過酷で不当だと控訴したが、再び挫折された。

ユ・スンジュン、本日(22日)ビザ発行拒否に対する取り消し訴訟の控訴審が開廷