職業で寿命が決まる!? 新聞記者時代の睡眠事情【ジャーナリスト・佐々木俊尚】

写真拡大

毎日新聞社、株式会社アスキー(現・株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス) アスキー編集部を経て、現在はフリーランスの作家・ジャーナリストとして活躍する佐々木俊尚さん。ツイッターのフォロワーは72万人を超え、テクノロジーと現代社会をテーマに日々さまざまな情報を発信し続けています。そんな佐々木さんがどんな快眠アプリより効果的だというのは、意外にも“アナログ”な快眠法。佐々木さんが考える、デジタル社会に生きる現代人が実践すべき、心地よい眠りを得るための生活の秘訣とは一体どんなことなのでしょうか?

目次


1.睡眠2時間の過酷な生活。事件の最前線に飛び込んだ新聞記者時代
2.フリーになって健康生活スタート!運動と食事が快眠をもたらした
3.デジタル・デトックスでリフレッシュ! 佐々木俊尚流・おすすめ快眠習慣
4.世界で最も寝ていない日本人が、目指すべきライフスタイルとは?

 

睡眠2時間の過酷な生活。事件の最前線に飛び込んだ新聞記者時代

(佐々木俊尚)睡眠2時間の過酷な生活。事件の最前線に飛び込んだ新聞記者時代
1988年、26歳で毎日新聞社に入社した佐々木さん。社会部の事件記者だった1994〜97年は、地下鉄サリン事件の前日に起こった、オウム真理教東京総本部への火炎瓶投てき事件に居合わせたり、在ペルー日本大使公邸占拠事件では、現地で武力突入を目の当たりにしたり、大事件を追う多忙な日々を送っていたといいます。
 
「警視庁を担当していたころが一番忙しかったですね。毎日朝5時に家を出て、警察関係者が朝、自宅から出かけるのを待ち構えて話を聞く『朝駆け』をして、記者クラブにそのまま出勤。夕食の後は、警察関係者が帰宅したところをつかまえる『夜回り』をして、帰宅するのは深夜2時でした。家に帰っても風呂に入るだけの生活で、睡眠は2時間程度でしたね」(佐々木さん)
 
そのため、睡眠不足で「1日中起きているのか寝ているのかわからない状態だった」という佐々木さん。車の移動中に寝たり、昼間の空き時間に記者クラブのソファで仮眠をとったり、細切れで寝るのが習慣になっていたそう。また、睡眠時無呼吸症候群にもかかっていたといいます。
「人間の生活とはいえなかった」と振り返る過酷な毎日。そんな生活を続けているうちに、佐々木さんは脳腫瘍を患ってしまいました。
 
「会社を3ヵ月休んで手術しましたが、その間に糸が切れたようにやる気がなくなってしまい、新聞社を退職しました。その後、アスキーに転職し、パソコン雑誌の編集の仕事を始めたのですが、当時は『なんで事件記者がパソコン雑誌に?』と、いろんな人から驚かれました。でも、そのころはちょうどインターネットバブルの時代だったので、そちらの世界に興味が出てきたところだったんです」(佐々木さん)
 
しかし、編集の仕事を始めてからも潰瘍性大腸炎、心臓病と大病が続き、身体はボロボロに。
 
「それまでの不規則な生活が原因でしょうね。社会部の記者は長生きできないといわれているんですよ。記者OBの死亡平均年齢を調べたら61.3歳だったという話もあるほど。あのままいっていたら、僕は死んでいたかもしれませんね」(佐々木さん)
 
深刻な体調不良に陥っていた当時の佐々木さんが、健康を取り戻し、よく眠れるようになった転機とは…?

フリーになって健康生活スタート!運動と食事が快眠をもたらした

(佐々木俊尚)フリーになって健康生活スタート!運動と食事が快眠をもたらした
2003年、佐々木さんはアスキーを退職しフリージャーナリストに転身。それは仕事だけでなく生活面でも大きな転機となりました。
 
「新聞社にいれば身体を壊しても、暇な部署に移してくれて余生を送れる。でも、フリーだとそうはいかないですよね。自分で身体を健康に保たないと、やっていけない。それに、出版不況以前の時代は、雑誌に原稿を書いているだけで食べていけたんですが、2007、8年ごろからどんどん雑誌が廃刊になり、仕事が不安定になってきました。夜な夜な編集者と遊んで暮らすような時代じゃなくなったんです。そこから、“生活の健全さ”を軸に毎日の生活を安定させようという考え方に切り替わり、健康にも気を使うようになっていきました」(佐々木さん)
 
“生活の健全さ”を取り戻すために始めたのは「毎日決まりきった生活を送る」こと。今では毎日夜11時に寝て、朝6時に起きるというリズムで生活し、朝起きてからやることもほぼ決まっているのだといいます。
 
「朝6時に起きたらツイッターに投稿する記事の準備をするほか、ニュース記事をチェックしたり、メールのチェックや返事をしたりします。その後、8時に近所のジムへ行って30分で5キロ走ります。さらに3日に一度は筋トレ6種類を3セット。そして、9時半ぐらいに帰宅したら食事の準備。10〜11時に食事をすませ、コーヒーを飲んでから仕事をスタートさせるのが毎朝の儀式です」(佐々木さん)
 
『簡単、なのに美味い!家めしこそ、最高のごちそうである。』という本も執筆している佐々木さん。「毎日の食事は朝10時・夜18時の2回と決めて、いつも自分で料理していますよ」とのこと。
 
「食材の味を楽しめる料理がベストだと思います。食べ過ぎないように味付けも濃くしない。いつもシンプルな料理を丁寧に作ることを心がけていますね。健康的な食事をして、ちゃんと運動をする生活を始めたら、自然と夜もぐっすり眠れるようになっていました」(佐々木さん)
 
今では夜11時には眠くなるということですが、寝付きをよくするために気をつけているのは、「身体を温めること」「眠気を誘う環境をつくること」の2つだといいます。
 
「一年を通してエアコンの設定温度は19度。夏もちゃんとパジャマを着てふとんをかぶって寝ます。それから、寝る直前にはなるべくPCは見ないようにして本を読んでいます。それも経済学のような難しい本ではなくて、もう少しゆるい小説とか。なるべく紙の本を読むようにしていますね」(佐々木さん)
 
本を読みながら、焚き火のようなパチパチ音のするキャンドルをつけると心地よい眠りに誘われるのだとか。そんな佐々木さんが眠りを妨げるということでNGにしていることは…。
 
「SNSは寝る前にやっちゃいけませんね。夜は得てして感情が高ぶりやすいので、変な書き込みしてしまう人も多いですし。あと、眠れなくなってお酒を飲んだりすると、寝起きが悪くなってしまいます。書籍の執筆で煮詰まってくると、早くに目が覚めてしまうこともありますが、そういうときは思い切って起きてしまいます。無理に眠るよりも、臨機応変でいたほうが身体にいいと思うんです」(佐々木さん)

デジタル・デトックスでリフレッシュ! 佐々木俊尚流・おすすめ快眠習慣

(佐々木俊尚)デジタル・デトックスでリフレッシュ! 佐々木俊尚流・おすすめ快眠習慣
フリーになってからぐっすり眠れる生活を手に入れた佐々木さん。現在は、奥様であるイラストレーター・松尾たいこさんと一緒に、東京の事務所のほか、軽井沢、福井に別宅を持っているそうです。この3拠点で生活することで、貴重なリフレッシュの時間をもつことができているのだとか。
 
「軽井沢はひと月に1週間、福井は豪雪地帯なので4〜11月まで月4日ぐらい通っています。多忙な人の旅行と同じで、スケジュールをこじあけて東京を離れるんです。自家用車で移動するのですが、運転しているときは他のことが何もできない、それがいいんです。あえて、インターネットがない状況をつくり、運転に集中する。“デジタル・デトックス”をするんです」(佐々木さん)
 
また、東京では打ち合わせやイベントなどで人と会うことが多いので、人と会わずに集中して書籍を執筆したいときなどは、軽井沢にこもるそう。それから、1、2年に1回は断食施設で4日間の断食を行うのも、佐々木さんにとって大事なリフレッシュの儀式だといいます。
 
「断食して身体や内臓がしっかり休まった状態で薄い味噌汁を飲むと、ものすごく強く出汁の香りが鼻をつくんです。味覚や嗅覚がリセットされるからでしょうね。断食4日で3キロぐらい体重が減り、東京で緩んだ身体が削ぎ落とされます。食事をしないと、読書の時間が増えて1日3冊ぐらい読めるのもいいですね。それに、お腹が空っぽだとなぜかとても深く眠れるんですよ」(佐々木さん)
 
さらに、普段からインターネットやSNSに生活のリズムを乱されないように気をつけているというのもポイント。インターネットとリアルな生活が密接になった現在は、ついつい長時間インターネットのニュースを見て、SNSのメッセージ通知やメールに即レスという習慣になってしまいがちですが…。
 
「メールやSNSにそんなに急いでレスポンスする必要はないんじゃないかと思うんですよ。仕事の最中にSNSを見てしまうと集中力が途切れてしまうので、新着の通知設定もしていません。たくさんツイートしていると思われているツイッターも、毎日決まって朝8時に10本ぐらいの記事を紹介するツイートをしているだけで、それ以外のツイートは週に数回しかないんですよ」(佐々木さん)
 
それでも、毎日インターネットのニュース記事は見出しのチェックだけで、1日に1000はくだらないというからさすが。これには効率的なチェック方法があるといいます。
 
「ずっとニュース記事を見ていると時間を取られてしまうので、基本的にスマホで空き時間にチェックしていますね。ウェブサイトの新着記事を配信してくれるRSSリーダー『Feedly』で登録しているサイトの見出しをチェックして、これはという記事を見つけたら、後で読むサービス『Pocket』にほうりこみ、いつでも読めるようにしておくんです。僕の仕事では情報力が最大の武器ですから」(佐々木さん)
 
そんなふうにいまの時代をしっかりとキャッチアップしつつ、睡眠を大事にしている佐々木さん。“世界で最も寝ていない”日本人が目指すべきライフスタイルについてもお聞きしました。

世界で最も寝ていない日本人が、目指すべきライフスタイルとは?

(佐々木俊尚)世界で最も寝ていない日本人が、目指すべきライフスタイルとは?
現在、“世界で最も寝ていない”といわれる日本人。佐々木さんによれば、アメリカの大企業の社長はみんな睡眠時間が長いというデータが出ているとのこと。「たくさん寝ている人のほうが仕事もよくできるはず。でも、ブラック企業に勤めている人にいくら眠りを大事にしましょうといっても無理なんです」と語ります。
 
「日本はまず労働時間が長いのを変えないとだめでしょうね。あらゆる企業がコスト削減でリストラを進めた、いわゆる“失われた20年”を経て、一人あたりの労働は増えてしまった。それなのに日本は労働生産性がきわめて低い。“若者の車離れ”といわれますが、若い人がいまの給料で車を買えるわけがありません。もっと給料を上げたら、結果として車の価格は上がるかもしれないですが、消費も上がって経済は成長します。そこにようやくみんなが気づき始めて、日本社会も変わりつつあると思います」(佐々木さん)
 
さらに、今後ますます社会のデジタル化が進んでいけば、アナログな部分が重要になるという逆説的なことが起きると指摘します。
 
「昔のファッションは鎧のように着飾っていましたが、高度な繊維技術で冬でも厚着する必要がなくなり、現在のファッションはものすごく薄着になっています。また、写真撮影も電話も道案内もスマホ一つですませられるようになり、持ち歩く荷物も減っています。すでに身につけるだけでいろんなことが可能になるウェアラブル・デバイスも商品化されていますし、さらにテクノロジーが進化すれば、自分の身体に埋め込むインプラント型のデバイスも普及していくでしょう。つまり、人間は手ぶらになり、鎧がなくなった先には身体だけが残る。だから、テクノロジーが進化すればするほど、我々は自分の身体性を高めていくことが大事になると考えています」(佐々木さん)
 
つまり、デジタルが進化すればするほど「自分の身体」「心身の健康」が重要になるということ。それが佐々木さんにとって「今後の大きなテーマのひとつになるかもしれない」といいます。
 
「料理本を出版したときも専門分野とは違うとかなり驚かれましたが、僕自身は違和感がないんです。グローバリゼーションやテクノロジーの進化で激しい変化が起こっているいまの時代、我々の生活はどう変わっていくのか?それをテーマにする中で、これからは生活そのものをもっと楽しむことや、健全な生活を軸にした生き方が問われる時代になるということが見えてきました。今後、睡眠を含めた新しいライフスタイルについて本を書くことがあるかもしれません」(佐々木さん)
 
病気がきっかけでライフスタイルを見直し、仕事と健康生活のバランスを取ることで快眠を手に入れた佐々木さん。テクノロジーが進化すればするほど、人間の身体が重要になってくるという提言にも、はっとさせられます。
 
仕事に追われる忙しい毎日で快適な眠りを失ってしまっているあなたも、まずは自分の身体を大切にするところから始めてみませんか?

【眠りの黄金法則】

毎日 “儀式”を行うように同じリズムで生活する寝る前はSNS禁止スケジュールをこじあけてでも、デジタル・デトックスの時間を作る

【ウィークデーの平均睡眠時間】

7時間

【睡眠タイプ】

SNSに生活を乱されないワーク・ライフ・バランス重視タイプ
佐々木俊尚さんのフミナー度は『15%』、今はフミナー度は低いレベルです。bnr_list_check

 

 

佐々木俊尚さん
佐々木俊尚さん1961年兵庫県西脇市生まれ。作家・ジャーナリスト。毎日新聞社入社後、警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、海外のテロ事件やオウム真理教事件など、日本の歴史に残る数多くの事件取材に当たる。1999年、株式会社アスキー(現・株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス)に移籍し、月刊アスキー編集部デスクを担当。2003年退職し、フリージャーナリストとしてIT分野を中心に取材、執筆活動を行っている。著書には、『そして、暮らしは共同体になる。』『いつもの献立がごちそうになる! 新・家めしスタイル』など多数。