【詳細】他の写真はこちら

毎週月曜25時より、ニッポン放送をはじめ全国36局ネットで絶賛放送中のラジオ番組「星野 源のオールナイトニッポン」。音楽家、俳優、文筆家と様々な分野で活躍する星野 源だが、ラジオという場ではエロネタをはじめ、無軌道な星野節を炸裂させている。


2月20日の「星野 源のオールナイトニッポン」は、お互いのライブに行き来したり、一緒に焼き肉に行ったり、朝まで語り明かしたこともあるというほど、普段から星野と仲が良いバカリズムをゲストに迎えての2時間。AV、恋バナ、性体験など盛り上がりをみせるトークのなかで、新たなる星野の一面も明らかに。


例えば、告白をしたことがないというバカリズムに対し、「告白っていうものをされたことがないんですよ、人生で一回も。自分からしたことしかない」という星野。


「(お酒を)あんまり飲まないので、ないんですよね。自分からガツガツいかないと、彼女だったりと巡り会えないっていうか」(星野)


そんな男気をみせる星野だが、“女装”をした際のエピソードについても語っていた。


「女装をする機会が何度かありまして。女装してお芝居に出たりとか、女装をしてイベントに出たりとか、ただ女装をしたりとか。


(中略)どうやったらちゃんと女子に見えるのかを練習するわけです、家の中で。カツラとか手に入れて。足の毛とか剃ってみて。そうしたとき、女装をして人前に出て褒められたことが何度かあったんですよ。すごいかわいいね、と」(星野)


なかでも、和服を着て、料亭の女将のような女装をしたときのこと。営業終了後のレストランを借りて写真を撮っていると……


「レストランの従業員のおじさんにすごく気に入られて。(中略)おじさんが酒飲んでて。ちょっとここに座れ、と。お酌をしろ、って言われたんです。めちゃくちゃうれしかったんですよ! おまえかわいいなって言われて。


(中略)もっとかわいいって言って! 化粧も頑張りたいし、服も気を遣いたいし、髪の毛だってすごくきれいにしたいし、かわいいって言ってほしいってすごい思ったんです、僕。女装してみて」(星野)


女装をすることで、かわいいと言われて喜ぶ女心が少しわかった星野であった……。


 


本番組では、自身の出演作や音楽制作のエピソードからお気に入りのゲームやAV女優などを話し、不定期ながら弾き語りも。エロネタも音楽話も分け隔てなく熱を込めて深夜電波に乗せる「星野 源のオールナイトニッポン」。聴き逃すべからず!


 


ネットでラジオが聴けるradikoの新機能「タイムフリー聴取機能」を使えば、本放送から1週間以内は後から番組を聴取可能。今回の放送はこちらから。

http://radiko.jp/share/?t=20170221010000&sid=LFR