功勲国家合唱団のメンバーらと記念写真を撮った金正恩氏(2017年2月23日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が22日、勲功国家合唱団創立70周年記念公演を鑑賞した。朝鮮中央通信が23日、報じた。

同通信によると、公演は愛国歌から始まり、管弦楽と男声合唱「主席に従って千万里、党に従って千万里」「パルチザン歌謡連曲」、女声3重唱と男声合唱「正日峰の春」、男声合唱「社会主義を守ろう」「われらの行軍路」などの演目が披露され、管弦楽と男声合唱「ひとすじ道をゆく」で終わった。

同通信は金正恩氏が、「出演者が革命的かつ戦闘的な公演を行ったことに大きな満足の意を表し、創立70周年を迎えた勲功国家合唱団のすべてのメンバーを熱烈に祝った」と報じた。

また、「勲功国家合唱団が今後も朝鮮革命の中核部隊、機関車、こんにちの立派なパルチザンのラッパ手としての使命と任務を全うする」との期待と確信を表明し、合唱団の創作家、芸能人、指揮メンバーと共に記念写真を撮った。

黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)、金己男(キム・ギナム)の各氏をはじめ、朝鮮人民軍指揮メンバーなどが、公演を観た。