写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMPは、マルチセンシング自律移動ロボット「Khepera IV」に屋内位置検出システムとレーザーレンジファインダーを搭載した「Khepera IV 周辺環境認識パッケージ」の販売を開始した。価格は99.4万円(税別)。

「Khepera IV 周辺環境認識パッケージ」は、スイスのロボットベンチャー・K-Teamによる最新小型移動体の研究開発用パッケージ。内容物は、Khepera IV 本体、屋内位置検出システム、レーザーレンジファインダー、拡張バッテリーキットが含まれる。

自律移動ロボット「Khepera IV」に設置した屋内位置検出システム(StarGazer)とレーザーレンジファインダーの周囲形状の検出結果を統合することで、より高精度な自己位置推定が可能。また、外部から電池を交換可能なバッテリーキットを搭載し、電池を入れ替えることで長時間の試験が行えるようになっている。同社では、こうした高精度の周辺環境認識結果を用いて、屋内実験環境でのロボット制御・自律移動の研究、群制御によるシミュレーションや協調制御アルゴリズム等の開発に活用できるという。

なお、自律移動ロボット「Khepera IV」は、直径140mmという小型ボディに、カメラや赤外線センサ、超音波センサを搭載し、汎用的なC言語での制御プログラムが開発できる研究開発向けロボット。移動機構は独立二輪駆動方式を採用し、4〜7時間の長時間実験が可能となっている。

(早川厚志)