今季の新体制発表会で壇上に立つ利重氏。今後は取締役に専心して、クラブ運営に携わることに。写真:徳原隆元

写真拡大

 J1の横浜F・マリノスは2月23日、取締役兼チーム統括本部長の利重孝夫氏の兼務を解き、同氏は取締役に専心することになったと発表した。
 
 また、チーム統括本部長の職には後任を置かず、アイザック・ドル・スポーティングダイレクターが、その職責を務めることになるという。