Samsungが、爆発事故多発のためリコール、最終的には生産および販売を中止したGalaxy Note 7を整備し、新興国で販売する計画を立てていると、韓国メディアが報じています。

バッテリーは交換、整備して再販

Korea Economic Dailyによると、Samsungは回収したGalaxy Note 7の主要部品を再利用し整備したうえで、新興国で販売する計画のようです。
 
爆発事故の原因となったバッテリーについては、オリジナルのGalaxy Note 7が搭載していた3,500mAhよりも容量の少ない、3,000mAhから3,200mAhのものに交換するとのことです。

主にインドやベトナムなどで販売

Samsungは整備作業を5月までに終了し、6月にはGalaxy Note 7の販売を再開する予定だと報じられています。ただしアメリカや欧州ではなく、主にインドやベトナムといった新興国で販売する模様です。
 
Korea Economic Dailyはまた、整備されたGalaxy Note 7が、割引価格で韓国で売られる可能性もあると記しています。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)