写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドゥ・ハウスは2月23日、「家でのお酒の飲み方」に関する調査結果を発表した。調査は2月2日〜6日、自宅でお酒を飲む全国の30代〜50代の男女を対象にインターネットで行われ、1,201人の有効回答を得た。

晩酌する頻度を聞いたところ、「週1日」(31.0%)、「ほぼ毎日」(31.0%)、「週3〜4日」(15.0%)となった。自宅で晩酌するお酒は、男女共に「ビール」(68.0%)が最多。また、男女間で最も差の出たお酒は「焼酎」で、男性が39.4%だったのに対し女性が19.0%だった。

自宅でご褒美にお酒を飲むか聞いたところ、46.4%の人が「ある」と回答。飲むシーンとしては、男性は1位「仕事を頑張ったとき」(45.1%)、2位「仕事がうまくいったとき」(40.3%)、3位「一週間頑張ってのりきったとき」(37.7%)となり、女性は、1位「一週間頑張ってのりきったとき」(48.6%)、2位「家事や育児などを頑張ったとき」(39.4%)、3位「仕事を頑張ったとき」(28.9%)だった。

自宅で飲むお酒の1回あたりの金額について聞いたところ、全体でみると「100円〜300円」が46.7%と半数近くになった。