写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本システムウエア(NSW)、PTCジャパン、日本ヒューレット・パッカード(HPE)の3社は23日、ファクトリーIoT用ハードウェアとして最適化された「HPE Edgeline」と、PTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」をパッケージ化した「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」の提供を開始した。

同パッケージは、IoTプラットフォーム導入実績が豊富なNSWによる導入コンサルティング、および開発者向けトレーニングを含めた形で提供される。価格は月額50万円。NSWおよびHPEとPTCの販売代理店を通じて販売が行われる。

○小さくはじめる工場向けIoTパッケージ

「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」はその名の通り、製造工場におけるIoT導入を小規模に開始するための製品・サービス群。短期間(2〜3カ月)で自社工場の設備状態、稼働状況、品質情報などのリアルタイムモニタリングを可能にするために必要なソフトウェアライセンス、ハードウェア、導入支援・継続的なプロジェクト支援のサービスをセットで提供する。各社が持つ資産をパッケージ化して提供することで、各社単体での販売に比べて価格の低減を実現した。

3社によれば、各業界でIoTの活用が広がる一方、製造業の企業の多くはデータ流出のリスクなどから、工場へのIoTソリューション導入には消極的なケースが非常に多く、ROIが不明瞭、参照すべきデータと得られる効果が分からない等の理由で、プロジェクトの進行が困難なことが課題となっているという。

そこで、少ない初期投資で迅速に、かつ「HPE Edgeline」によって外部データセンターへ情報を受け渡すことなく内部的に処理することで、IoTへの取り組みを開始できるパッケージを提供するに至った。活用する情報、接続性、可視化の方法や期待する効果は企業ごとに異なるため、仮説、可視化、評価、次の仮説へと顧客と共にPDCAを回しながら、導入企業のIoTに対する取り組みを推進する。

IoTの登場以前より、日本の製造業では工場内でデータを取得して活用しているケースは多く、そうした顧客に3社の提案でIoTソリューションを提供したところ、顧客が取得していたデータとはまた異なる情報が得られたという。こうした成功体験があったことから、今回のパッケージリリースに繋がったとのことだ。

なお、同パッケージの年間販売目標は10社。導入先工場の規模は限定しないと前置きした上で、先述の「IoTではないが、工場内でデータ取得は行っている」ような企業の1000億円程度の売り上げを持つ工場での導入を想定している。さらに同パッケージからステップアップし、本番環境を構築する顧客も現れるとの予想が語られた。

○ファクトリーIoT スモール・スターター・パッケージ構成

ソフトウェア:PTC ThingWorx SCO Platform Edition - Standard
・サーバーアクセスライセンス:10ユーザー
・eLearningライブラリ:10ユーザー
・接続アセット:最大500
※オプション:追加ユーザーライセンス、Kepware Manufacturing Suite(OPC)

ハードウェア:HPE Edgeline EL1000 Converged IoT System

・Edgeline EL1000 筐体 +ProLiant m510サーバーカートリッジ x 1
・8コア インテル(R) Xeon(R) D-1548 2.0GHz-2.6GHz(Turbo)
・32GBメモリ、2TB SSD (SoftwareRAIDで使用、実効1TB)
・USB3.0 x 4、PCI-e Gen3x8 x 2、1GbE RJ-45 x 2、SFF ドライブベイ x 2
・HPE iLO4 および専用RJ-45 x 1
※オプション:OPCサーバ用Gateway (EL10)

サービス:NSW 開発支援サービス

・サーバ環境構築、実機接続作業
・個別テンプレート作成(カスタマイズ)、データ取得支援(計1ヶ月)
・技術者向けトレーニング(1日)
・ヘルプデスク、技術問い合わせサポート(1年)

(杉浦志保)