ダイムラーAGは、3月7日に開幕するジュネーブ・ショー2017の出展車両を発表した。

 

ワールドプレミアが予定されているのは、新型Eクラス・カブリオレ。これまでセダン、ステーションワゴン、オールテレイン、クーペがすでに発表され、5つめのボディとなるこのカブリオレの登場で、ひとまず新型Eクラスのボディラインナップが出揃うことになる。また、Eクラスに関しては、AMG E63ステーションワゴンもショーデビューを飾り、新型Eクラス・ファミリーの存在感が強調される。

 

新型Eクラス・ファミリーが出揃う

さらに、先に発表されたメルセデス-マイバッハG650ランドレーや、SLに設定されたデジーノ・エディション、SLCに設定されたレッドアート・エディションと、オープンモデルが実に豊富である。

 

一方、欧州初披露となるコンパクトSUVのGLAのフェイスリフト版や、メルセデス初のピックアップトラックとなる、コンセプトXクラスも、メルセデス・ブースに華を添えるようだ。スマート・ブランドからはスペシャルエディションの登場も予告されている。