野村証券は2017年2月22日、自社の環境整備と働き方改革、健康経営を推進するための施策として「人間ドック休暇」を新設すると発表した。同社の社員の給与水準の引き上げと、働きやすい環境整備の具体策としてウェブサイト上で発表された「給与水準の引き上げ、および働きやすい環境整備の具体策について」の中で明らかにした。

これによると、人間ドック休暇は2017年4月からの導入が予定されており、取得条件は4〜12月の間に1日、人間ドックを受診する場合。従来の有給休暇と同等の扱いになる特別休暇で、早期受診と人間ドック受診率100%を目指すという。