「キム課長」ナムグン・ミン、TQ宅配の蘇生案プロジェクトに参加…目的はお金?

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「キム課長」のナムグン・ミンがTQ宅配の蘇生案プロジェクトに参加した理由が明らかになった。

22日、韓国ではKBS 2TV月火ドラマ「キム課長」(脚本:パク・ジェボム、演出:イ・ジェフン、チェ・ユンソク) 第9話が放送された。

この日、キム・ソンリョン(ナムグン・ミン) は自身がTQ宅配の蘇生案プロジェクトを担当すると言った。その後、ユン・ハギョン(ナム・サンミ) はキム・ソンリョンに「正直に話してほしい。戻ってきた本当の理由を」と尋ねた。これにキム・ソンリョンはチャン・ユソン(イ・イルファ) の手紙によって戻ってきたと話した。

しかし、驚きの理由があった。チャン・ユソンが送った封筒の中に1億ウォン(約994万7774円) の小切手が入っていたのだ。チャン・ユソンは「TQ宅配の蘇生案プロジェクトを担当してください。手付金は1億ウォンで、キム・ソンリョン課長に払うものです。成功できる蘇生案を作ることができたら、2億ウォン(約1989万5548円) を追加で払います」というメッセージも伝えた。

このような理由により、キム・ソンリョンは蘇生案タスクフォースチームに参加したが、ユン・ハギョンは自身のことを心配して戻ってきたと勘違いし、笑いを誘った。