ランボルギーニの新型クロスオーバーSUV、「ウルス」のプロダクションモデルをカメラが初めて捉えました。

1

「ウルス」は、2012年北京モーターショーで初めてコンセプトモデルが公開されましたが、今回市街地で捉えたその表情は一変しています。

ヘッドライトの下部にあったY字型デイタイムランニングライトは、上部に眉毛のようなデザインに変化し、フロントバンパーのエアダクトはエアロダイナミクスを向上させた、実践的デザインが新たに採用されているようです。

プラットフォームはポルシェ「カイエン」、VW「トゥアレグ」次期型、ベントレー「ベンテイガ」らと共有し、2017年4月から生産することが発表されています。

パワートレインは、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高速度は650ps程度が予想され、ランボルギーニは世界最速SUVを目指すとアナウンスしています。

(APOLLO)

世界最速のSUV!? ランボルギーニ・ウルスのプロダクションモデルをキャッチ(http://clicccar.com/2017/02/23/447275/)