「ネットトータルサポート」アプリのイメージ

写真拡大

 NTTドコモは、通信につながる機器の悩みやトラブルを、製造メーカーや購入店を問わずサポートする「ネットトータルサポート」の提供を5月8日に開始する。月額料金は税別500円。

 ドコモ回線、または「ドコモ光」のユーザーを対象に、専用コールセンターのオペレーターによる遠隔サポートや専用アプリなどを通じて、PCやスマート家電、ゲーム機など、通信につながる機器の操作や設定方法、修理やデータ復旧などの問い合わせに応じ、問題の解決に向けてサポートする。

 専用アプリを利用したサポートでは、あらかじめ登録した機器について、専用フォームから簡単に問い合わせが可能で、登録した機器のリコール情報や保証期限を通知する機能や、その機器のよくある困りごとの解決策を調べられる機能を提供する。機器修理や訪問サポ―トなどは、内容に応じ、追加料金が発生する。

 なお現在、「ドコモ光」ユーザーを対象に、税別月額500円で提供している「光リモートサポート」は、サービス内容を拡充して「ネットトータルサポート」へ移行する。

 「ケータイ補償サービス」「あんしん遠隔パック」「あんしんネットセキュリティ」をセットにした「あんしんパック」に、新サービス「ネットトータルサポート」を加え、通常より430円安く利用できる「あんしんパックプラス」も、同時に新設する。月額料金は税別1170円〜1420円。