スクリレックス、インキュバスの次回作でコラボ

写真拡大

 インキュバスの次のスタジオ・アルバムのトラックにスクリレックスが参加していると、ロサンゼルスのラジオ局KROQのミュージック・ディレクター、リサ・ワードが米ビルボードに明かしていたが、もしかするとコラボレーションはそれだけにとどまらないかもしれない。

 インキュバスのギタリスト、マイク・アインジガーが、自分とボーカルのブランドン・ボイド、DJクリス・キルモア、そしてスクリレックスがスタジオ作業している様子を、「クールなことは何も起きてないぜ……全く何も」と思わせぶりなキャプションを添えてインスタグラムに投稿した。スクリレックスは自身のレーベル<OWSLA>の運営とフロム・ファースト・トゥ・ラストの再結成で多忙な中でのスタジオ・ワークといったところだろうか。

 2011年の『イフ・ノット・ナウ、ホウェン?』に続くインキュバスの次回作をどうしても待ちきれないファンは、ゼッドによるアメリカ自由人権協会(ACLU)支援ライブを楽しみにしてみてはいかがだろう?2017年4月3日にステープルズ・センターで行われるこのライブにはスクリレックスとインキュバスを始め、多くのアーティストが参加予定だ。


◎マイク・アインジガーによる投稿
https://www.instagram.com/p/BQwjQFhgV4i/