写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロは4月1日始発から、ICカード乗車券「PASMO」で東京メトロ全線が1日乗り放題となるIC企画乗車券「東京メトロPASMO1日乗車券」を発売する。

1日乗車券等の企画乗車券は、これまで磁気乗車券のみで発売していたが、PASMO加盟事業者で初めて1日乗車券としてPASMOを利用できるようになる。

今回発売する「東京メトロPASMO1日乗車券」は、従来の磁気乗車券とは異なり、東京メトロの駅から相互直通運転先の他社の駅まで乗車するときに下車駅の精算機や窓口で乗り越し分の精算の必要がなく、自動改札機にPASMOをタッチするだけでチャージ残高から自動で精算するため、よりスムーズに利用できる。

利用できるのは、記名PASMOの大人用・小児用。有効な定期券情報がないものに限る。また、クレジットカード等と一体になったPASMOは対象外。発売金額は、大人600円、小児300円。当該乗車券とPASMOを同時に購入する場合、この金額とは別にPASMOのデポジット500円が必要になる。

発売日から1カ月以内の利用者が指定した1日の始発から最終電車まで有効(磁気乗車券で発売している「東京メトロ24時間券」(使用開始(改札通過時)から24時間有効)とは有効期間が異なる)。発売箇所は、東京メトロ各駅のピンク色券売機(日比谷線北千住、中目黒、中野、西船橋、代々木上原、和光市、半蔵門線・副都心線渋谷、目黒を除く)、定期券うりば(中野、西船橋、副都心線渋谷を除く)。