写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通は22日、島根県出雲市にある同社のノートPC・タブレット製造拠点「島根富士通」にて、島根富士通本社工場でのものづくり技術や、新しい試み、今後の方針などをプレス向けに紹介。このなかで、同社が春モデルとして発表した、重量777gの13.3型モバイルPC「LIFEBOOK UH75/B1」について、開発時の工夫などが明かされた。

「LIFEBOOK UH75/B1」は、重量777gで約8.3時間のバッテリ駆動を実現した、同社の最新モバイルPCだ。2017年1月17日に13.3型PCで世界最軽量(発表時)をうたい登場。「妥協のない機能」と「剛性感」を意識して設計されたといい、社内では世界最軽量の13.3型PCの製造を目指すプロジェクトが設定され、これを達成するためのチーム「777」が結成されたという。

○開発コード名はGram

「LIFEBOOK UH75/B1」の開発コードネームは、1グラムでも軽くするという想いを込めた「Gram」。部品を0.01g単位で調節し、従来モデルから「限界まで軽量化した」。筐体や液晶、バッテリは専用の軽量部品を開発。基板は厚みを従来の1.00mmから0.74mmまで薄くしたほか、部品点数も削減したことで、基板重量を従来から7.2g削減。ディスプレイには軽量LCDを採用し、185gから140gまで約45g軽量化した。内部レイアウトも新開発バッテリの搭載スペースに合わせ最適化し、ケーブルを可能な限り省くものへ調整した。

なお、2017年2月7日、NECパーソナルコンピュータが約769gの13.3型2in1 PC「LAVIE Hybrid ZERO」を「13.3型PCで世界最軽量」として発表している。

しかし、「LIFEBOOK UH75/B1」では、スペック値は777gであるものの、製造品の個体平均値は761gであると説明。実際に島根富士通で紹介されたデモコーナーでは、デジタル計量器で761gを指した「LIFEBOOK UH75/B1」を展示し、同コーナーの担当者は「世界最軽量はいつでも抜くことができる」と力強くコメントした。

○「人」重視の使いやすいPCを

富士通クライアントコンピューティング 事業本部 コンシューマビジネス事業部の吉田慎二事業部長はLIFEBOOK UH75/B1の開発時、777gという重量を「数字のゴロも良く、これでいこうと決めた」と語る。発表後は「予想以上に他社からの反応が大きかった」とした(富士通が13.3型の世界最軽量として「LIFEBOOK UH75/B1」を発表したその日、NECパーソナルコンピュータからは「世界最軽量PCを開発している」という告知がアナウンスされている)。

軽量化はこだわりの部分ではあったが、「"世界最軽量"だけを見て戦うことが正しいかどうか」と吉田氏。「LIFEBOOK UH75/B1は法人向けへのカスタマイズや、長時間のバッテリ駆動など、他社にない特徴がある。ユーザー重視の使いやすいPCを作ることが何より大事」と、製品の作り込みに自信をみせた。

(村田奏子)