写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは23日、チップセットにIntel Z270を搭載したゲーミングMini-ITXマザーボード「ROG STRIX Z270I GAMING」の国内販売を発表した。2月24日に発売し、店頭予想価格は税込30,000円前後。

幅広いゲーマーに向けた「ROG STRIX」シリーズのマザーボード。特定のゲームなどあらかじめ指定しておいたアプリケーションを実行する際に、CPUのクロックを上げたり、オーディオの設定を最適化する「Turbo App」や、ゲーム用オーディオ機能の「ROG SupremeFX」、ゲーム内で発生した音を可視化して画面に表示する「Sonic Radar III」、ネットワークゲームのデータ転送速度を向上する「Game First IV」などのゲーマー向け機能を備える。

ストレージインタフェースとして、PCIe3.0x4接続対応のM.2スロットを搭載。片方のスロットには、ヒートシンクを備え、M.2 SSDの温度を最大20度下げることができるという。また、PCI Expressスロットは金属で補強した「SafeSlot」を採用する。