写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Appleは、建設中の新社屋Apple Parkを4月から従業員に開放していくことを発表した。

公式ムービーも公開されているが、175エーカーにもおよぶ広大な円形の建物は世界でも最大級という曲線ガラスで囲まれており壮観そのもの。移動プロセスも大規模で、約12,000人が6カ月をかけてこの美しい社屋に移る。

社屋最上部には直径165フィート、1,000席のシアターが今年の年末に完成するが、62回目のSteve Jobsの誕生日である2月24日(現地時間)を控え、Appleそして世界に大きな影響を与えた業績を称え、このシアターに"the Steve Jobs Theater"という名前を付ける意向も明かしている。

Apple CEOであるTim Cook氏も"スティーブのビジョンは、我々の時間をはるかに超えており、Apple Parkはこれからの世代のイノベーションの中心になるよう設計されており、職場環境から得られるインスパイアが大きなエネルギーになる"とのコメントも発表している。

Apple Parkには一般に公開されるApple Storeやカフェのほか、従業員のための広大なフィットネスも完備、円形の中央には約9,000本の樹木が、屋根には太陽光発電機能を設置、デザインは国際的な設計事務所Foster + Partners(フォスター・アンド・パートナーズ)により設計されている。

(長岡弥太郎)