写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介主演の映画『鋼の錬金術師』(12月1日公開)のキャラクター、アルフォンス・エルリックの姿が23日、公開された。

原作は、2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載されたシリーズ累計7,000万部突破の人気漫画。主役のエドワード・エルリックを山田が演じる。

今回公開されたアルフォンス・エルリックはエドの弟で、亡くなった母親の人体錬成に失敗し、対価として身体全部を持って行かれてしまった。瀕死のエドは自身の右腕と引き換えにアルの魂だけを錬成し、鎧に定着させたことから、アルは鎧の姿で生きることとなる。鎧の弟を再現するために、ハリウッド大作でも用いられ、邦画史上初となる技術が使用されたという。

ともに旅をする弟の姿に、山田は「俺がエドなんだという強い気持ちを持って撮影に臨み、CGのアルフォンスを見て、これは大丈夫、実写化できるぞ」と手応えを感じたと語る。また、曽利文彦監督は「スタッフ、キャスト一同この作品を本当に実写化できると信じて疑わない人々が集まった現場で大いに士気が上がりました。皆さんの期待を裏切らないよう、原作の本質を大切にこの作品を仕上げていきたいと思います」と意気込みを寄せた。