BLACKPINK「第6回GAON CHART MUSIC AWARDS」で3冠に!アルバム部門はEXO(総合)

写真拡大 (全4枚)

BLACKPINKが新しい音源クイーンとなった。何より彼女たちは、今年の新人賞と同時に歌手賞を獲得する凄まじい底力を見せつけた。アルバムキングの座はEXOのものとなった。

BLACKPINKは22日午後、ソウル蚕室(チャムシル) 室内体育館で開催された「第6回GAON CHART MUSIC AWARDS」でTWICEと共に音源部門の女王の座を獲得した。“今年の歌手賞”を2つも獲得し、人気を証明したのだ。

特に、BLACKPINKは今年の新人賞獲得と同時に、2016年8月と11月の“今年の歌手賞”まで手にし、3冠に輝いた。

BLACKPINKは昨年「口笛」「火遊び」などで音楽配信チャートを席巻し高い人気を得た。彼女たちは「デビュー曲で意味深い愛を受けて光栄だ。ヤン・ヒョンソク会長、TEDDY兄さんに感謝する。ファンの方々にも本当に感謝していると伝えたい」と感想を述べた。

【PHOTO】NCT 127&BLACKPINK「第6回GAON CHART MUSIC AWARDS」ステージに登場

「CHEER UP」「TT」で昨年売れっ子アイドルとして浮上したTWICEも音源部門を席巻した。TWICEは「良い曲をくださったブラック・アイド・ピルスンをはじめ、スタッフの方々、そしていつもたくさん応援してくださるONCE(TWICEのファンクラブ) の皆さん、感謝している」と伝えた。

【PHOTO】TWICE「第6回GAON CHART MUSIC AWARDS」ステージに登場

この日の授賞式には出席できなかったが、BIGBANGとSECHSKIESの活躍も目立った。BIGBANGは2016年12月の“今年の歌手賞”、SECHSKIESは“K-POP貢献賞”を獲得した。BIGBANGに代わって後輩グループのBLACKPINKが代理で受賞し、SECHSKIESは映像で受賞の感想を伝えた。

アルバム部門はEXOが強かった。EXOはこの日第2、第3四半期“今年の歌手賞”アルバム部門を受賞した。2016年の授賞式「Asia Artist Awards(AAA)」を皮切りに、「MelOn Music Awards(MMA)」「ゴールデンディスクアワード」「ソウル歌謡大賞」まで6回の大賞を受賞したのだ。

さらにEXOは“ファン投票人気賞”のグループ部門、セフンは“ファン投票人気賞”の個人部門まで獲得し、凄まじいファンダム(特定のファンの集まり) パワーを見せつけた。

EXOは「イ・スマン先生、SMの方々に感謝している。アルバムを発売するまで多くの過程が必要だ。その方々とEXO-L(EXOのファンクラブ) に感謝の意を伝える」と語った。

【PHOTO】EXO「第6回GAON CHART MUSIC AWARDS」ステージに登場

また、“今年の発見賞”はDEANとBewhY、赤頬思春期、ハン・ドングンが受賞に輝いた。

以下は、部門別の受賞者(作)

◆今年の歌手賞(音源部門):GFRIEND(1月)、MAMAMOO(2月)、Busker Busker チャン・ボムジュン(3月)、TWICE(4月)、Urban Zakapa(5月)、SISTAR(6月)、Wonder Girls(7月)、BLACKPINK(8月)、イム・チャンジョン(9月)、TWICE(10月)、BLACKPINK(11月)、BIGBANG(12月)

◆今年の歌手賞(アルバム部門):GOT7(第1四半期)、EXO(第2四半期)、EXO(第3四半期)、防弾少年団(第4四半期)

◆今年の新人賞:NCT 127、BLACKPINK

◆今年の発見賞:DEAN(R&B)、BewhY(ヒップホップ)、赤頬思春期(インディーズ)、ハン・ドングン(バラード)

◆プロデューサー賞:パン・シヒョク(防弾少年団)

◆作曲家賞:ブラック・アイド・ピルスン(TWICEの「TT」など)

◆作詞家賞:チョ・ユンギョン(少女時代 テヨンの「Why」など)

◆ワールド韓流スター賞:SHINee

◆ホットパフォーマンス賞:INFINITE、SEVENTEEN

◆ファン投票人気賞:EXO セフン(個人)、EXO(グループ)

◆実演者賞:キム・リョン(コーラス)、イ・ソンヨル、チェ・テワン(演奏)

◆「V LIVE」フォロワー賞:防弾少年団

◆振付師賞:ソン・ソンドゥク(防弾少年団)

◆スタイリスト賞:チェ・ヒソン(TWICE)

◆K-POP貢献賞:SECHSKIES

◆ポピュラーシンガー賞:M.C the MAX