G.Soul、義務警察の一般兵を志願…所属事務所「追加手続きが残っている状態」

写真拡大

歌手G.Soulが入隊を控え、義務警察を志願した。

所属事務所のJYPエンターテインメントの関係者は22日、OSENに「義務警察を志願したことは事実だが、特技兵(楽隊) ではなく、一般兵を志願した。追加の選抜試験の手続きなどが残っている状態だ」と明らかにした。

1988年生まれのG.Soulが今年中に入隊することはすでに知られており、パク・ジニョンも番組に出演した際、兵役について触れたことがある。

G.Soulは2015年にデビューし、昨年miss Aのミンとの熱愛が公開されて話題を集めた。