Nianticと株式会社ポケモンは2月23日、スマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「ポケモンGO」の周遊マップ作成にあたり、地方自治体に協力していくことを発表しました。これによりポケモンGOの観光振興や地域活性への活用が、より期待できるようになります。

Niantec、周遊マップ作成に協力

Niantecは周遊マップの作成を希望する地方自治体に対し、マップ作成に必要な公認素材、マップテンプレート、利用ガイドラインを無償で提供します。
 
今回の発表は、昨年8月に発表した岩手県、宮城県、福島県、熊本県の被災4県、そして京都府との観光振興連携の取り組みの一環です。

京都府と福島県、ポケモンGOと連携した初の周遊マップ公開

京都府と福島県は他の都道府県に先駆け、全国で初めて「ポケモンGO」と連携した周遊マップを公開します。福島県は須賀川市のマップを本日よりオンライン上で公開することを皮切りに、同市を含む県内39市町村で展開予定です。京都府は宮津市(天橋立)のマップを3月頃に配布します。
 
また各地域は、地域活性化や観光促進に結びつく「ポケストップ」や「ジム」を新設するとしています。
 
Niantecによれば、すでに50以上の地方自治体から周遊マップ作成についての問い合わせがあったとのことです。
 
ポケモンGO 福島マップ

モンスターボール風ゴミ袋を提供

なお株式会社ポケモンは周遊マップを作成した自治体に対し、プレイヤーにゴミの持ち帰りを促すための、モンスターボールをモチーフにしたゴミ袋を提供することを明らかにしています。
 
ポケモンGO ゴミ袋
 
 
(lunatic)