ノック式USB 3.1(Gen 1)/3.0対応高速USBメモリー「RUF3-KVシリーズ」

写真拡大

パソコン(PC)やスマートフォンなどの周辺機器を手がけるバッファロー(名古屋市)は、ウイルスチェック機能とパスワード認証機能を搭載したノック式USB 3.1(Gen 1)/3.0対応高速USBメモリー「RUF3-KVシリーズ」(32GB、16GB、8GB)を2017年3月上旬に発売する。

リード速度最大約400MB/秒の高速転送

トレンドマイクロ製「USB Security 2.1」による「ウイルスチェック機能」を搭載。簡単な操作で同機能を有効にでき、取引先や社内へのUSBメモリー経由でのウイルス感染や蔓延を防ぐ。

最新のウイルスパターンファイルはインターネット経由で自動的に更新。システムに常駐することで感染ファイルの侵入を自動的に検知し、対象ファイルを隔離する。また、PCへのソフトウェアのインストール不要でパスワードによるセキュリティをかけられる「パスワード認証機能」を搭載し、第三者の悪用を防止できる。

USB 3.1(Gen 1)/3.0対応で、新型コントローラーの採用によりリード約400MB/秒の高速転送を実現。USB3.0対応の従来モデルと比べ、最大転送速度は約4.4倍を実現したという。

上部のリング型ノックボタンを押し込むとUSB端子が露出するキャップ不要設計。また機器から抜き取る際には自動的にコネクターが収納される「オートリターン機構」を備える。

ラインアップと価格(税別)は、32GBモデルが7500円、16GBモデルが6100円、8GBモデルが4800円。