1

うどんの上に鶏そぼろや干し海老、ナッツ、半熟玉子などをのせてピリリと辛い花椒(ホアジャオ)の特製たれをかけた「痺れ汁なし担々うどん」が、はなまるうどんで2017年2月14日から提供されています。1月から続く担々うどんフェアの第二弾といううどんを食べに行ってきました。

はなまるニュース 2017年 | はなまるうどん

http://www.hanamaruudon.com/news/2017.html

はなまるうどんに到着。



第一弾だった「濃厚豆乳担々うどん」の時からの垂れ幕が掲げられていました。濃厚豆乳坦々うどんには「完売御礼」と札止めがされています。



今回は「痺れ汁なし坦々うどん」の中サイズ・温(税込680円)と、うどんのあとに具材をのせて食べるべく「追い飯」(税込100円)を注文してみました。



うどんの上に、ドサッとのせられた具材。鶏そぼろ、海老、刻んだナッツ、刻み海苔、ねぎの上に半熟玉子がのせられ、最後に花椒を使用した特製たれで仕上げられています。



見るからにまろやかさを感じさせる半熟玉子。意味もなく心の中で「俺、最後にこの玉子を割ってうどんに絡めて食べるんだ……」と呟いてしまってもそれは仕方ありません。



温かいうどんのおかげで花椒の香りがふわっと立ち上がり、ピリリと辛い刺激が口の中に広がります。それでいて、鶏そぼろの甘辛く香ばしい風味やネギの食感と香り、干し海老と刻みナッツの香ばしさがコラージュのようにミックスされてとても複雑な味わいです。



具材にしっかり味がつけられているので、物足りなさは感じません。



そして、最初から決めていたとおり、半熟玉子を割って……



うどんに絡めて食べると、味にまろやかさがプラスされて「これこれ!」と大満足の味に変化しました。



うどんを食べきると、担々の具材だけが残りました。しかしこれも計算ずく。



追い飯に具材をのせて、まるでおかずのように味わうこともできます。うどんと追い飯の「炭水化物+炭水化物」という実に罪深いペアでしたが、そんなことはもうどうでも良くなるような魅惑のメニューでした。