ナムグン・ミン主演ドラマ「キム課長」視聴率17.8%で水木ドラマの1位をキープ

写真拡大

「キム課長」が同時間帯の視聴率で1位をキープした。

23日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、22日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長」は、全国視聴率17.8%を記録した。これは先週16日の放送分が示した17.6%より0.2%上昇した数値で、同時間帯で1位を占めた。

この日の放送では、ソンリョン(ナムグン・ミン) と、経理部署員が力を合わせ蘇生案作成作業に入った。

一方、同時間帯に電波に乗ったSBS「師任堂(サイムダン)、色の日記」と、MBC「ミッシングナイン」はそれぞれ9.8%と4.1%を記録した。