星野源アフレコ風景 ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

写真拡大

森見登美彦原作のアニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の予告編が公開された。

【予告編ともっと画像を見る(17枚)】

4月7日から全国で公開される同作は、京都を舞台に、後輩である「黒髪の乙女」に想いを寄せる「先輩」が、彼女の目にとまろうと日々奮闘しながら様々な騒動に巻き込まれる様を描く作品。主人公の先輩役を星野源、「黒髪の乙女」役を花澤香菜が演じるほか、神谷浩史、秋山竜次(ロバート)らが声優陣に名を連ねている。監督は湯浅政明。

予告編では、先輩が黒髪の乙女に対して、「なるべく彼女の目にとまる」ための「ナカメ作戦」を決行し、空回りしながら奮闘する様が映し出されている。また黒髪の乙女や、神谷演じる学園祭事務局長、秋山演じるパンツ総番長らのセリフも確認できる。

あわせて同作の主題歌がASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲“荒野を歩け”になることが発表。予告編にも同曲が使用されている。同曲のリリースについては、近日中に発表されるという。

さらに星野のアフレコ風景も公開。アフレコは2月に数日間にわたって都内で行なわれた。湯浅監督は星野について「まさに先輩がいました」と賛辞を贈っている。

■後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のコメント
再び『四畳半神話大系』に関わった皆さんと仕事ができて嬉しいです。
甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました。
星野源君にも歌ってほしいです。