写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2017」が、神奈川県・みなとみらい地区のパシフィコ横浜で開幕した。

期間は2017年2月23日〜同年2月26日だ。開催時間は10時〜18時、最終日は17時までとなる。入場料は1,500円だが、CP+2017の公式サイトで入場事前登録すると無料になる。今年もマイナビニュースでは、CP+2017の情報を随時お届けしていく。

これまでのCP+は、どちらかといえば写真ファン、カメラファン、そして写真と映像のプロに寄った雰囲気だったが、近年のSNSに代表される写真文化の広がりをうけ、CP+2017は家族や女性グループに向けたコンテンツを拡大している。もちろん、中上級者向けのセミナーなども豊富だ。

会場では、中古カメラフェアやフォトアクセサリーアウトレットのエリアも併設されており、思いがけない掘り出し物に出会えるかも知れない。これもCP+の醍醐味だ。

昨年のCP+2016で初めて開催された「ワールドプレミアアワード」は、CP+2017でも継続。来場者の投票によって、グランプリを決定する。投票すると、その場でノベルティグッズがもらえる。ちなみにCP+2016での受賞は、レンズ交換式カメラ部門がキヤノン「EOS-1D X Mark II」、レンズ一体型カメラ部門がキヤノン「PowerShot G7 X Mark II」、交換レンズ部門がシグマ「50-100mm F1.8 DC HSM | Art」、フォトアクセサリー部門がケンコー・トキナー「激落ちくんカメラレンズクリーナー」だった。