(写真:gettyimages)

写真拡大

23日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で、米大リーグ・マーリンズに所属するイチローの、同僚に対するジョークの一部が隠されて報じられた。

番組では、21日(日本時間22日)の練習中にイチローがバーンズ外野手と交錯し、右足と腰を負傷したニュースの続報を取り上げた。練習後、バーンズがロッカーに引き上げると、「お前はクビだ」などと書かれた紙が貼ってあったのというのだ。これはイチローとチームメイトたちからの冗談だったらしい。

この紙には、デイリースポーツが報じた記事の写真を見ると、「You're cut!(お前はクビだ!)Good Luck in KoreA(韓国で頑張れ)」という言葉と、イチローのサインが書いてあった。野球の韓国リーグを指しているものとみられる。

ところが放送の際には、「Good Luck in Korea」の文字の上に「お前はクビだ! 幸運を祈る」というテロップが載せられたり、他の場面では「in Korea」の文字だけモザイク処理が。結局、放送では「in Korea」に触れることはなかった。

【関連記事】
爆笑問題・田中裕二 冠番組での「絶対OAされない」定番シーンを明かす
安藤優子氏が「おでんツンツン男」のモザイク処理に対する葛藤を告白
東国原英夫氏 FRIDAYに盗撮されるもモザイク処理