写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは2月23日、ブルーレイディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」から、Ultra HD Blu-ray対応の3モデルを発表した。発売は3月24日で、価格はオープン。推定市場価格は、容量3TBの「BD-UT3100」が120,000円前後、2TBの「BD-UT2100」が100,000円前後、1TBの「BD-UT1100」が90,000円前後(いずれも税別)。3モデルとも、チューナーは地上/BS/110度CSデジタル×3基を搭載する。

新モデルは、「4Kテレビのためのレコーダー」をコンセプトに開発。Ultra HD Blu-rayの再生に対応するほか、ハイビジョン放送などを4K/60pにアップコンバートする機能も備えている。

エンジンはUltra HD Blu-ray向けに新開発された「4KマスターエンジンBD-PRO」を搭載。高画質化や、BDソフト読み込みの高速化などを実現している。BDドライブも新開発しており、防振スタビライザーを採用することで、高速回転時の振動や騒音を低減する。

番組表の高精細化にも注力。業界で初めて(※)、番組表の文字を4Kテレビに合わせて高精細化したほか、出演者の情報を写真付きで表示している。
※シャープ調べ。

番組表における表示チャンネル数は、5 / 8 / 11 / 14 / 17チャンネルから選択可能。設定変更により、選択中の番組情報を拡大表示することもできる。

地上デジタル / BSの新番組を4週間分自動で録画する「ドラ丸」機能も搭載。ドラマのほか、アニメやバラエティ番組にも対応している。5分単位で見たいシーンを選んで再生できる「見どころポップアップ」、選択した録画番組の内容を多数のサムネイルで表示する「番組内容まるわかり」などの機能も持つ。

(藤谷佳奈)