TOKIOカケル

写真拡大

2月22日深夜放送の「TOKIOカケル」(フジ系)のゲストはPerfume。グループの結束力をテーマにTOKIOとトークやゲームを繰り広げた。

【写真を見る】TOKIO松岡、SMAP解散に「気付けば僕らが一番上に…」

過去に雑誌のインタビューで話した内容を穴埋め形式で答えるゲームでは、城島茂の発言をピックアップ。

2003年のインタビューで城島は「いつか絶対5人で映画をやりたい」と語っていた。

当時、城島が発案していた企画は「昔のゴレンジャーのTOKIO版」だという「TOKIOレンジャー」。

戦隊モノのパロディー企画としては、関ジャニ∞の映画「エイトレンジャー」が思い浮かぶが、こちらは2012年の劇場映画。

コーナーの進行役・国分太一が「関ジャニ∞がやる前にリーダー言ってんだよね」と補足すると、Perfumeの3人も「すごーい!」と感心。

国分は続けて「関ジャニ∞がパクったってことだね(笑)」と指摘する。

「グループの待ち合わせ場所と言えば?」というエピソードでは、TOKIO結成前後の1990年頃、ある仕事の集合場所だった高田馬場・ビッグボックスにまつわる思い出話も。

3月1日(水)放送の「TOKIOカケル」は「生まれて初めて告白SP!」。