【専門家監修】テストでわかる自己顕示欲〜強い人の心理と恋愛〜

写真拡大

みなさんは「自己顕示欲の強い人」と聞いて、どんな特徴を思い浮かべますか? 「自分をもっと打ち出したい!」というこの欲求ですが、根底にあるのは一体どんな心理なのでしょうか。そこで今回は、男女377人のアンケートと、心理コーディネーター・織田隼人さんの意見から、「自己顕示欲」が強い人の特徴と心理、そして上手に恋愛していく方法を紹介。これを機会に、自身の「自己顕示欲」についてテストしてみてくださいね。

■そもそも「自己顕示欲」の意味とは?

よく「あの人は自己顕示欲が強い」などと表現することがありますが、“自己顕示欲”とは結局のところ、どんな意味なのでしょうか? 心理コーディネーターの織田隼人さんに聞きました。

「自己顕示欲とは、自分の存在を認めてもらいたいという感情から、自分をアピールしたくなる欲求のことです。たとえば、過去の自慢をしたり、過度にブランドで着飾ったり、SNSなどで毎日充実した自分を投稿したりと、『自分がすごいこと』や『人より幸せであること』をPRしたくなる欲求を指します」

■「自己顕示欲」の強い人の特徴って?

自己顕示欲の強い人とは、具体的にどんな人? 「自己顕示欲」をさらにくわしく理解するために、まずは男女それぞれの視点から見た、自己顕示欲の強い人の特徴を探っていきましょう。

★男性から見た「自己顕示欲の強い女性」3パターン

男性の目には、どんな女性が「自己顕示欲の強い人」に映っているのでしょうか? その特徴について、聞いてみました。(※1)

(1)ブランド物で身を固めている

・「ブランド物を多く身につけている女性。結局は、人に見せたいという心理の現れだと思う」(男性/28歳/通信/販売職・サービス系)

・「ブランド物で身を固めていたり、化粧にも強気の雰囲気が出ていたりする」(男性/33歳/その他/事務系専門職)

誰が見てもわかるブランド物は、着ているだけで人目を引きますよね。高価なブランド品を多く身に着けるというのは、それを買うだけの経済力があることを周囲に誇示したいからなのかも知れません。

(2)SNSでのアピールが好き

・「インスタグラムで1日に何十回も自分の顔写真を載せる人。自分が美しい! と誇示しているから」(男性/30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「いつどこででも写真を撮り、SNSにアップしてリア充アピールする人。そんなに他人に自分の充実ぶりを見せつけないと楽しめないのかなと思う」(男性/33歳/情報・IT/技術職)

SNSに自撮りをアップするのは、容姿に対してかなり自信がないとできないことかも? 高級レストランでの食事や買い物した品物をわざわざ写真に撮ってアップするのも、誰かに見てもらいたい! という願望なのかもしれません。

(3)主役になりたがる

・「話の中心が自分じゃないと機嫌を損ねる」(男性/30歳/機械・精密機器/技術職)

・「飲み会での飲みっぷりがいい人。自分が主役になりたいんだと感じるから」(男性/32歳/自動車関連/技術職)

自分が話の中心でなくなると、途端に機嫌が悪くなる人っていますよね。どんなシーンでも主役になりたい願望が強く、飲み会では豪快に飲んだり、盛り上げ役になってみたりするのかもしれません。

★女性から見た「自己顕示欲の強い男性」3パターン

それでは、女性の目にはどんな男性が「自己顕示欲の強い人」に映っているのでしょうか? 女性の意見を聞いてみましょう。(※2)

(1)外見にお金と時間をかけている

・「ひと目でわかるようなブランド品で全身をかためている人。プライドや自己顕示欲が強そう」(女性/34歳/その他/事務系専門職

・「いつもなぜか髪型をチェックする人。自分の身だしなみを気にしているようにも見えるが、ナルシシストにも見えるため」(女性/31歳/その他/その他)

服装や髪型などの外見に、極端に時間とお金をかける男性は自己顕示欲が強いと感じる女性意見です。ガラスや鏡に映る自分の姿をいつも細かくチェックしている男性も、同じような傾向といったところでしょうか?

(2)注目されるのを好む

・「自撮りが多い人、自慢話をする人。注目されたい! という気持ちを感じるから」(女性/34歳/小売店/事務系専門職)

・「目立ちたがり屋の人。イベントなどで、場を盛り上げたりして注目を浴びたいというのが伝わってくるから」(女性/34歳/商社・卸/営業職)

サービス精神で場を盛り上げてくれる男性は、ありがたい存在です。しかし、場の空気が読めなくて、必要以上にはしゃいで注目を集めようとする男性には困ってしまいますよね。

(3)自分の話をしたがる

・「自分がやったことを逐一報告する人。自分が大好きで、みんなが自分に興味を持っていると思ってそうだから」(女性/31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「フェイスブックで毎日のように何度も更新する人。どんなことでも他人にアピールしたがる、少し痛い人な気がするから」(女性/34歳/その他/その他)

その人の行動にみんなが興味を持っているとは限りませんよね。それにも関わらず、なぜか自分の話しばかりする人はいるもの。SNSを頻繁にアップして、自分に関する最新情報を載せている人も、誰かに自分のことを知ってほしいと強く思っているのでしょう。

◎自己顕示欲の強い人まとめ

男性目線と女性目線による、自己顕示欲の強い人の特徴を見てきましたが、男女による違いや差はほとんどないようです。むしろ「ブランド品」「SNS」など、共通のキーワードを持っていることがわかりました。

■診断でチェック! 「自己顕示欲」が強い人の心理とは?

では、人間の自己顕示欲が強くなってしまう原因はどこにあるのでしょうか? 織田隼人さんの解説を聞いていきましょう。

★うざいって思われてない? あなたの「自己顕示欲」テスト

そもそも自分は自己顕示欲が強い人間かどうか、客観的に見ることができていますか? 織田隼人さん監修によるテストから、あなたの自己顕示欲の強さを診断。自分は次のうち何項目に当てはまるか、チェックしていきましょう。

(1)人の話を途中でまとめて自分の話に持って行くことがある
(2)友達がコロコロと変わりやすい
(3)話を振ってもらえないと拗ねてしまうことがある
(4)失敗を認めることや謝るのが苦手な方だと思う
(5)人前で褒められるととてもうれしい
(6)かまってちゃんと言われたことがある
(7)批評をSNSなどに投稿することが多い
(8)人にアドバイスをされたときに言葉を遮ることや受け入れないことが多い
(9)後輩や年下に説教をよくする
(10)空気は読むものではなく、自分で作るものだと思う

◆0〜1つの場合

自己顕示欲が薄すぎるかもしれません。もっと自分に価値があることを再確認しましょう。

◆2〜3つの場合

バランスがとれている状態です。適度に自分に自信があって、なおかつ自分を前面に押し出しすぎない人当たりの良い人といえるでしょう。

◆4〜5つの場合

ちょっと自己顕示欲が強いかもしれません。まわりに嫌がられていないか確認しながら会話を心がけましょう。

◆6つ以上

自己顕示欲のかたまりの可能性があります。人に認めてもらうために空回りをしている状態とも言えそうです。人に認めてもらうためには誰かのために行動する、という当たり前のことを思い出しましょう。

★心理コーディネーターが教える「自己顕示欲」が強い人の心理って?

自己顕示欲が強くなってしまう原因には、どのような心理が働いているのでしょうか? 織田隼人さんに教えてもらいました。

「自己顕示をする人は、人に認めてもらいたいけれど、認めてもらえないという状態にあることが多いです。もしくは、人に認めてもらったことを受け止めるための“自分のセンサー”が弱っていて、認めてもらったことがない、と思っている状態です。そのため、『人に認めてもらいたい』と思って行動をした結果、自己顕示欲が強いと言われてしまうのです。

認めてもらうために『自分がすごいこと』や『自分が偉いこと』『自分が人より優れていること』『自分が愛されていること』を主張する人が自己顕示欲の強い人と言えるでしょう」

番外編 自己顕示欲がない人の心理って?

ここまで、自己顕示欲の強い人の特徴を見てきましたが、反対に「自己顕示欲」がまったくない人はどんな特徴を持っているのでしょうか? また、彼らに隠された心理とは? こちらも織田隼人さんの意見を聞いてみました。

「自己顕示欲がまったくない人は『自分を認められない』人です。自信がなくて、自分に価値がない、と思っている状態です。適度に自己顕示欲がないと自分自身を褒めるポイントを自分で見つけられていない、と言えますのでバランスが大事。

自己顕示欲がないと自分の気持ちも表に出すことはなく、どんどん『特徴のない』『影の薄い』存在になってしまいます。人に対して自分を出すのが苦手な人は、絵を描いたり音楽をたしなんだり、文章を書いたりするなど、対人以外の場所でもいいので自分を出していくとよいでしょう」

■「自己顕示欲」の強い恋人と上手に恋愛するには?

自分の彼氏が自己顕示欲の強いタイプだったり、自己顕示欲の強い人を好きになってしまったりした場合は、どうすれば上手く恋愛することができるのでしょうか? 男女377人のアンケートと専門家の意見から、その方法を探っていきましょう。

★男女に聞いた! モテるのは「自己顕示欲」の強い人or弱い人?

恋人の自己顕示欲は強いほうがいい? それとも弱いほうがいい? 男女の本音を聞いてみました。

Q.「自己顕示欲」が強い人と弱い人、恋人にするならどちらが理想ですか?

【男性】
「強い人がいい」(22.6%)
「弱い人がいい」(77.4%)
(※1)有効回答数186件

【女性】
「強い人がいい」(15.7%)
「弱い人がいい」(84.3%)
(※2)有効回答数191件

男性では約8割、女性では約8.5割が自己顕示欲の弱い人を好む結果となりました。やはり、男女ともに自己顕示欲の強い人は恋愛に不向きだと思われる傾向にあるようです。

★専門家が解説! 自己顕示欲が強い恋人と上手に向き合う方法

自己顕示欲の強い人との恋愛が難しいと思う男女が多かったとはいえ、付き合っている相手の性格はなかなか変わらないもの。そこで、自己顕示欲が強い恋人と上手に向き合う方法を織田隼人さんに聞きました。

【自己顕示欲が強い彼氏の場合】

自己顕示欲の強い男性との付き合い方は「褒め方を調整すること」です。過去やこれまでの行動を褒めるよりも「自分(女性)にしてくれた行動」を褒めるようにすると、自己顕示したい男性は徐々に女性に対して喜ばれる行動を取るようになります。

もちろん、褒め方は多少大げさにしておかないといけませんが、ある意味、(自己顕示欲が強い彼氏は)誘導しやすい&わかりやすい男性です。なので、ちょっと自慢が多い以外は、コツさえわかれば付き合いやすい、自分に対していろいろやってくれるようになるいい男性といえます。

【自己顕示欲が強い彼女の場合】

自己顕示欲の強い女性の場合には、おだててあげつつ「可愛い」「僕が助けてあげる」「いつでも守るからね」というように庇護してあげるとよいでしょう。

「守られている」ことを感じると、女性はどんどん心が軽くなっていきます。守られている安心感を女性が抱けるようになると、過度に周囲を意識する必要もなくなり、愛されている実感も生まれるため、自己顕示欲が徐々に収まっていきます。

良くも悪くも、自己顕示欲が強い人は多少癖があるかもしれませんが、付き合い方の癖をよく理解すれば上手に付き合えるパターンもあるので、(恋人として)良い相手の可能性も高いです。何より「何かしら努力しよう」という意思を持っている人が多いので、そこは長所といえますよ。

■まとめ

その個性の強さからか、自己顕示欲の強い人は恋人として敬遠される傾向にあることがわかりました。ですが、自己顕示欲の強さは、マイナスな面に働くばかりではなく、向上心や自信を生み出す元でもあるようです。もし、自己顕示欲の強い恋人への対応に困ることがあるのなら、ぜひ専門家がオススメする向き合い方を試してみてくださいね。

(監修:織田隼人、文:ファナティック)

(※画像はイメージです)

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時2017年2月6日〜2017年2月6日
調査人数:186人(22歳〜36歳の男性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時2017年2月6日〜2017年2月6日
調査人数:191人(22歳〜37歳の女性)