『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』 ©“Mamadame” production committee

写真拡大

映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』が、初夏に新宿シネマカリテほかで順次公開されることがわかった。

【もっと大きな画像を見る】

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』は、Facebookを通じて知り合った台湾人と日本人のカップルが日本で同棲を始め、やがて結婚するまでを描いた作品。Facebookページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」で公開されている実話をもとにした作品となる。

母国の大学で日本語を専攻する台湾出身の「リンちゃん」役をジエン・マンシュー、リンちゃんの夫となる日本人男性「モギさん」役を中野裕太が演じるほか、ワン・サイファー、蛭子能収、リン・メイシュー、大谷主水、岡本孝、与座重理久が共演者に名を連ねている。監督を務めるのは谷内田彰久。谷内田と中野は昨年放送のテレビドラマ『拝啓、民泊様。』でもタッグを組んだ。