簡単調理で欧風カレーの出来上がり

写真拡大

日清食品は2017年2月13日、「日清欧風カレーメシ バター&ビーフ」を発売した。

お湯を注ぎ、5分たったらかき混ぜるだけでとろみのあるカレーが出来上がる「日清カレーメシ」の新作。ビーフをベースに、バターのコクとフルーツチャツネの甘味を加え、ガーリックを中心としたスパイスの香りと唐辛子の辛さがきいたルゥが特長だ。

辛いものが苦手な人は要注意

ツイッターを見てみると、

「カレーメシはシーフード一択だと思ってたんだけど、新発売の欧風カレーメシ(バター&ビーフ)すげえ美味かった」
「カレーメシの新しい味いけるやん!バターの風味がとても良い...」
「カップライスを舐めてました。と言うか、このカレーメシはイケる。バターの味がまろやかなのに後からじんわり辛さが追いかけて来て絶妙」
「バターのまろやかな風味、甘さ 他のカレーメシに比べてスパイシー まろみと辛みが程よいバランス」

など、バターの風味とスパイシーさの組み合わせに高評価が続出。

「日清カレーメシ」シリーズには「ビーフ」「シーフード」「スパイシーカレーメシ チキン」があるが、いずれも制覇しているカレーメシファンから「カレーメシの中で一番ウマい」との声が複数みられるほどの出来栄えのようだ。

一方でこんな声も。

「欧風カレーメシが思った以上に辛くてつらい」
「辛いの好きな人はそうでも無いっていうと思うけど辛いの苦手な自分は辛くてやばい!」
「バター入ってるし大丈夫だろうと思った。やっぱ辛かっただめだわー...」

など、「辛すぎ」と感じた人もいる模様。「バター」の文字に油断せず、辛いものが苦手な人は注意した方がよさそうだ。

希望小売価格は220円(税別)。