風俗に行く男は風俗嬢に共感している!? 漫画家・鳥飼茜が男目線で気づいたこと

写真拡大

『おんなのいえ』『先生の白い嘘』『地獄のガールフレンド』など、女性が直面する問題を描いて高い評価と支持を集める漫画家・鳥飼茜さんが、昨年10月から『週刊SPA!』(以下、SPA!)で「ロマンス暴風域」を好評連載中です。

 物語は、仕事も恋愛もうまくいかず疎外感を味わう主人公・サトミンが、店で出会った風俗嬢に運命を感じて恋に落ちるストーリー。しかしそこは一筋縄ではいかないのが鳥飼作品、男性読者に都合のいい展開にはなりません。

『週刊SPA!』2月21日発売号に掲載の第11話でも、男女の風俗に対する認識の違いを巡るやりとりが描かれています。

 女性視点の作品が多かった鳥飼さんが、なぜ男性の視点で風俗を題材にした連載をはじめたのか。前回は作品につながる自身の心境の変化や、男の生きづらさへの考え方を語ってもらいました。今回は「受け入れられないことの中にも共感を探す」という試みの真意、そして鳥飼さんの中の「風俗に行く男性」像に踏み込みます。

◆知らないことは怖い

――鳥飼さんはなぜ、許容できないことや、理解できない人の中にも、なんとか共感できる部分を見つけたい、と考えているんでしょうか?

鳥飼:それをしないと、ただ断絶するしかなくなってしまうから。たとえば、たくさん人を殺した人の気持ちはまったくわからないし、私だってわからないと思いたい。でも、そういうことがどうしたら少しでも減らせるかって考えたときに、自分もこういう条件が揃ったら同じ結果を引き起こしてしまうかもしれないなって想像することは、決してムダじゃないというか。

――理解不能なものに対する恐怖を取り除きたい、という気持ちもあるんでしょうか。

鳥飼:ああ、そうですね。たぶん私、めちゃくちゃ怖がりなんですよ。不安や受け入れたくないことがいっぱいあって。怖いから知りたい、知って安心したいという気持ちが強いんでしょうね。

――不安だからこそ知りたい、怖いからこそ理解したい、というのが鳥飼さんの創作のモチベーションなんでしょうか?

鳥飼:自分が理解できなくて不安なものに対して、本人や当事者から直接聞けたら一番早いんだろうけど、本人が本当のことを言ってるかどうかもたいがいアテにならないじゃないですか。だから、いろんな人からいろんなことを聞く中から、自分にとって本当だなと思えるポイントを見つけていって、それを一本の線につなげていく。私は、漫画を描くことでそういう作業をしているのかも。

◆自分の中にいる“男の人”を探しながら描いている

――以前、『週刊SPA!』の「エッジな人々」でインタビューさせてもらったとき、「男性は、性的な対象として見る女性とそうでない女性を分けていて、前者の女性のことを人格のない人形のように扱っているのではないか」とおっしゃっていました。やはり、男性は風俗嬢をそのように扱っていると思いますか?

鳥飼:それだけではないんだろうな、と思うようにはなりました。

――少し見方が変わったということですか?

鳥飼:今は私が理解できる範囲、共感できる範囲で、自分の中にいる“男の人”の部分を探している最中です。その人の頭で考えると、女の人に甘えたいとか癒されたいという気持ちを満たしてくれる相手として、尊重はしているんだろうと思います。でも、私の中の男性は、まだ風俗嬢に対して一対一で向き合うほどの人格は求めていない。もちろん、そういう男性もいるのかもしれないんですけど。

――『週刊SPA!』2月21日発売号に掲載の「ロマンス暴風域」第11話では、「自分を見下して受け入れてくれない世界への憎しみ」「同じように世界から拒まれたみたいなあのコを救いたい」というサトミンのモノローグが印象的でしたが、これはどういうことですか?